世田谷区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都世田谷区

熱線吸収ガラスが割れてしまった場合は取り扱いがある業者さんに依頼しましょう。熱線吸収ガラスとは色ガラスのことで、ブラックやグリーン、ブロンズなどの色ガラスになっています。これは日光を反射せず吸収して和らげてくれます。省エネ効果やデザイン性の高いもので、日射の吸収特性に優れたコバルトや鉄、セレンなどの金属をガラス原料になっています。省エネガラス(エコガラス)としても、冷房負荷の軽減に貢献するガラスなので、快適な室内環境を作り出すことが可能です。熱線吸収効果で日射を30-40%程度吸収するという効率の良いガラスなので、最近では多くの会社や企業で取り付けることが多く、ガラス業者さんも取り扱いが多い製品です。世田谷区で熱吸収ガラスの交換をお考えなら、ぜひ一度お電話ください。

エリア情報
東京都世田谷区

ペアガラスが割れてしまった場合は受注生産となるので、まずは寸法を測ってから工場へ新しいペアガラスを発注するようになります。その為、新しいガラス交換が完了するまでに10日程度かかることもあります。これは防犯性能を施した特殊なガラスになっていることもあり、割れてしまうとそのものの交換でも相当な値段がかかることもあります。このような作業にかかる時間は、ガラス修理業者によって違います。また修理の流れ、技術も担当者によって幅広く差がでてくることがあります。最近では便利はガラス業者が増えています。突然の窓ガラスの破損やヒビなどでお困りの場合はぜひ町のガラス修理業者さんに依頼してみてください。ここ世田谷区にも、夜間・休日対応が可能で、今すぐ駆けつけOKという業者も増えています。ぜひ一度ご依頼ください。

エリア情報
東京都世田谷区

わずかでも破損しそうな傷などを見つけたら、それが交換時期と考えていいでしょう。例えば、鳥がぶつかって窓ガラスが割れてしまった場合は、そのガラスが経年劣化してきている可能性があります。長年使用したガラスはどんなに頑丈でも小さな傷やひびがもとで軽い衝撃でも大きく広がり割れてしまうことがあります。鳥がぶつかるというのはガラスに映った周囲の風景により、そこに障害物があると認識できないというという説があります。鳥がぶつかることでのガラス破損を防ぐためには、まずは窓ガラスを交換するなどしてしっかり補強し、さらに衝突防止シールを貼るということで避けることも可能です。ガラスを取り換えたら、ぜひ貼っておくことをお勧めします。世田谷区でガラス交換をお考えの方はぜひご相談ください。

エリア情報
東京都世田谷区

世田谷区で、型板ガラスが傷ついてしまい、交換すべきかどうかお悩みの人はいませんか?型板ガラスが傷ついてしまったらまずは、修復可能かどうかの判断から入ります。可能な場合は作業開始しますが、まずは綺麗な乾燥した布をガラスの清掃から入ります。傷部分に付着した汚れの除去・ゴミや油膜など丁寧に取り除いていきます。また専用の補修液をヒビ割れ部分に注入したり傷の場合は別の修復方法で修理していきます。ガラスにヒビ割れや傷が入ってしまい全部交換した場合と、ガラス修理業者にガラスをリペアした場合では、コスト差に大きな違いがでることもあります。事前に確認してどちらがよいのか相見積りをとることも考えてみましょう。リペアすることによって、ガラスの交換に比べ1/4~1/10の費用で済むこともあります。ガラスの修理でお困りでしたら、まずはお見積りからいかがでしょうか?

エリア情報
東京都世田谷区

世田谷区で、断熱ガラスが割れてしまいお困りの方はいませんか?断熱ガラスが割れてしまった場合、他のガラスと比べると少し厄介です。まず、断熱ガラスは名前の通り、断熱効果に優れたガラスのことです。通常のガラスは一層になっており、あまり断熱効果が高くないでしょうが、このガラスに限っては断熱性にすぐれ結露を予防するといった機能があります。また、断熱ガラスの種類にも、真空ガラスや複層ガラス、熱吸収・熱反射ガラスなど豊富なラインナップがあるので、どれが割れたかによってもオーダー方法が違います。大抵はメーカーオーダーなので割れてしまうと、取り換えまでは時間がかかります。そのため、割れる前に修理や交換を依頼することが大切です。