板橋区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都板橋区

板橋区で、子供がガラスを割ってしまったというお悩みを抱えている人はいませんか?そんな場合は割れにくいガラスに換えてもらうという方法もあります。割れにくいガラスはありますが完全に割れないガラスというのはないものの、強化ガラスなどは割れても散らないので安心です。このようなガラスなら多少割高になるものの、本当に丈夫なので小さいお子さん、活発なお子さんがいる家庭でも安心です。最近は耐震性のためにもつかわれるケースがあります。注意してもらいたいのは業者さんの中には修理技術の足らない人の場合、ガラスが汚い状態ではめられてしまう可能性もあります。また最後の仕上げまでしっかり手を抜くことなく終了させていることが良い業者を選ぶ上での最大のポイントです。

エリア情報
東京都板橋区

板橋区にお住まいの方の中には、泥棒をよせつけないために格子つき窓のガラスを使っている方もいるでしょう。そのガラスが破損などした場合、どうしていますか?泥棒の侵入経路の約70パーセントが窓ガラスと言われているのでこのガラスが壊れるというのは防犯上もよくありません。泥棒が侵入したくない家作りを目指すため、格子付きの窓のガラスが破損してしまったら、ガラス業者さんに相談してみましょう。最近では便利はガラス業者が増えています。突然の窓ガラスの破損やヒビなどでお困りの場合はぜひ町のガラス修理業者さんに依頼してみてください。夜間・休日対応が可能で、今すぐ駆けつけOKという業者さんも増えています。ぜひ一度ご依頼ください。

エリア情報
東京都板橋区

板橋区で熱線反射ガラスに交換を検討している方はいますか?熱線反射ガラスに交換したい場合は扱いがある業者さんに依頼してみてください。このガラスはラーガラスやプライバーシーガラスとも呼ばれていますが、正式には熱線反射ガラスといい、名前の通り鏡のように反射し「熱線」や「視界」を遮る効果があります。鏡のように反射させるプライバシーガラスとしても知られており、反射率が高く室内を見えなくするようになっています。熱線を反射する効果もあるので企業で使われることも多いガラスです。室内からは普通に景色の見える凄いガラスです。夏場の冷房の効果を高めてくれます。透過率は3種類あり、ほとんど鏡のようなガラス(8%)と、若干透けて見える(20%)、さらに透けて見える(35%)タイプなど様々なものがあります。ご検討の際はぜひご相談ください。

エリア情報
東京都板橋区

手すりガラスを修理したい場合は特殊ガラスになるので、事前に扱いがあるかどうかを業者さんに確認しましょう。このようなガラスはベランダなどで見かけますが、例えばベランダの手すりと言えば、金属や青銅、外壁と同じ材料で作られていますが、実際に室内から見ると結構な圧迫感があります。その点、手すりガラスなら景観やプライバシーも保護されます。ただし、注意したいのは小さな業者の場合、業者側から修理の現場が遠くなればなるほど出張費用や交通費などの追加料金として発生することもあるのでよく確認してください。またガラスと一口に言っても種類や大きさ、厚さにはかなりの違いがあり、それぞれの修理費用は業者によってかなりバラつきがあるのでよく確認してください。このような特殊なガラスは割高になることもあります。板橋区で業者を探している方はぜひ、一度お問い合わせください。

エリア情報
東京都板橋区

ガラスが割れたので手すりガラスを交換したいといっても色々なタイプのものがあります。手すりガラスに使われる大抵のものは、強度に優れたタイプのものが多いです。また、多くが手すりガラスというと、ベランダ手摺用ガラスのことを言います。これは手摺が金属で出来ていたり、外壁と同じ材料だと景観的な問題や見た目が良くない、圧迫感があるのでガラスにするというものです。これならそんな悩みを解決できるし、プライバシー保護も可能になります。基本的に、2枚のガラスの間に耐貫通性のある特殊フィルムが挟んであるため、地震などで万が一破損しても破片が飛散しないようになっています。住宅・店舗・商業施設・マンション・学校など、様々な物件で使われています。もし、板橋区で手すりガラスの交換をお考えでしたら、ぜひ一度ご連絡ください。