港区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都港区

エコガラスが傷ついてしまった場合は具合によって全部取り換えるかどうかをプロに判断してもらいます。エコガラス代は特殊構造のガラスなため、従来の単板ガラスよりも割高というデメリットがあります。しかしその反面、特殊な構造が施されていいるものがあるのでさらに値段がアップします。傷ついた場合のリペアも一般のものより割高になると考えておいてください。このような最突然のトラブルでどこに依頼してよいか困っている方も少なくないと思います。さらには、業者とのやり取りは不慣れで不安が募るかもしれません。もし、港区で上記のようなお悩みをお抱えの方がいましたら、ぜひ一度ご相談ください。皆様からのお電話をお待ちしております。

エリア情報
東京都港区

オフィスビルの多い港区では防犯ガラスを使っているビルも少なくはないでしょう。その防犯ガラスが割れてしまった場合でも修復できるケースがあります。これはスターブレイクといった、ぶつかったところよりヒビが放射線状に広がって、ヒビ割れ部分が20mmくらいのものが修復できます。修復可能なケースがあることを知らない方もいるので確認してみましょう。防犯ガラスをハンマーで小さく振りかぶって叩いても、傷がつくだけですが、割れるとクモの巣状のヒビが入りますが、貫通しない仕組みです。取り換えるなら全部換えることになります。最近では便利はガラス業者が増えています。突然の窓ガラスの破損やヒビなどでお困りの場合はぜひ町のガラス修理業者さんに依頼してみてください。夜間・休日対応が可能で、今すぐ駆けつけOKという業者さんも増えています。ぜひ一度ご依頼ください。

エリア情報
東京都港区

真空ガラスが傷ついてしまったという場合、まずは傷の程度を確認してみましょう。そしてできれば業者さんにどの程度なら直せるのかをまず確認してみましょう。真空とは空気などの物質が全くない状態のことで 実際にはきわめて圧力の低い状態も真空といいます。この真空ガラスはサッシがそのまま使える(取り換えなどもそのまま)なので、特殊なガラスなのに扱いは比較的楽です。傷がついても程度によっては修復できます。どの程度の傷なのかを業者さんに確認してみてください。真空ガラスといったような修理でも、最近では大手になると365日スピード出張可能で24時間対応というガラス屋さんも増えています。急なガラスのトラブル、すぐ修理してもらいたい場合は頼んでみて損はありません。港区でお探しの場合はぜひお問い合わせください。

エリア情報
東京都港区

港区にお住まいの方で、窓ガラスが割れてしまったので交換したいという方はいませんか?実は、窓ガラスというのは永年ずっと使えるものではなく、日々の生活でも少しずつ摩耗していきます。外部からの風・砂などに代表される衝撃などが積み重なっていくと、少しずつ窓ガラスの耐久も減っていきます。そして、その耐久が減った状態で強い衝撃を与えてしまうと、窓ガラスが割れてしまうということにつながります。そのため、可能なら窓ガラスの定期的なメンテナンス・掃除を行うことをお勧めします。ただし、多くの家庭が「窓ガラスが割れてから」の対応になると思います。港区でガラスについてお悩みであれば、私たちにご相談頂いてもいかがでしょうか?ガラスのプロが、様々なお悩みに対応させていただきます。

エリア情報
東京都港区

ぼかしガラスが傷ついてしまった場合、どの部分にかによっても修理方法や値段が変わります。ぼかしガラスには、すり加工部分に美しいグラデーションを入れることでき、このグラデーションは、お好みのデザインを入れることが出来ます。そのため、インテリアなどでも良く利用されます。しかし、ぼかしガラスは透明なものと違うので一旦、傷が入ってしまうと、修理した部分が目立つこともあります。また、ぼかしガラスはいつも定番なっているもの以外は、絵柄で切り抜いたマスキング用紙をあてサンドブラストをする、といった作りをするので、業者によっては特定のデザインしか対応できない場合もあります。もし、港区でぼかしガラスの修理をご検討している方がいましたら、ぜひ一度ご相談ください!

エリア情報

よくあるご質問・トラブル一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

トラブル事例

トラブル事例一覧