荒川区エリアの相談事例やコラム

エリア情報
東京都荒川区

防音ガラスが割れてしまった場合、どんなタイプが割れたかによっても修理が変わります。通常の一般的な3mmガラス、5mmガラスと合わせ式ガラス、空気層があるペアガラスという順で高くなります。たたし、合わせガラス以外は通常のガラスと強度は変わりません。またこの中でも空気層の幅が広くなったペアガラスは、修理には時間と費用がかかります。そしてお住まいの状態によっても防音ガラスを使用できるサッシが違うので違う種類にする時は注意が必要です。3mmガラスなら5mmガラスや合わせガラスも使えます。ガラスの場合は、中空層の分だけサッシを広げる必要があるのでそれだけ工事費がかかり割高になることがありますのでご注意ください。荒川区で防音ガラスの交換をお探しなら、電話一本で駆けつけさせていただきあます。ぜひご検討ください。

エリア情報
東京都荒川区

すりガラスが傷ついてしまった場合は困ることもあります。ここ数年はフロストガラスという、すりガラスと同じようにサンドブラスト加工後に化学薬品で表面をフッ酸処理したガラスがすりガラスに変わって台頭してきました。このタイプは見た目は一緒であり、増えてきた理由はガラス厚みの種類が沢山あり、汚れがつきにくいという点です。最近はフロストガラスが主流になってきたため、昔ながらのすりガラスを製造している会社も減ったためにこの扱いがない業者もあります。ただし、建具や家具のガラスとしてまだ利用されるので、傷がつくとなると程度には寄りますが、修復対応してくれる業者はあります。交換となるとメーカーが少ないということもありので、荒川区でご検討の方は一度ぜひご相談ください。

エリア情報
東京都荒川区

防犯ガラスが外れてしまった場合、サッシ自体に問題があるということもあります。そんな時はサッシ回りも施工してくれる、修理してくれる業者さんに依頼しましょう。この防犯ガラスは通常のガラスであれば、ハンマーを使えば1回で大きなヒビが入りますが、このような防犯性能を施した特殊なガラスであれば、割ること自体が極めて難しくなります。ただし、しっかりと施工されていないと外れてしまうこともまれにあります。技術力もさることながら作業の質によっても多少の優劣はあります。ガラスは特に細かな作業をしっかりやったかやってないかによって耐久性も変わってくるでしょう。これを修理するなら技術力のある業者さんを選びましょう。荒川区で業者を探している方は、ぜひお問い合わせください。

エリア情報
東京都荒川区

荒川区にお住まいの方で、防火ガラスが傷ついてしまった場合、傷が深いと全部取り替えないと防火性能が落ちることがあります。このガラスは火災時に飛散防止効果のある防火用ガラスであり、ガラスの内部に網(ワイヤー)が入ったガラスです。防火地域で防火ガラスとして利用されるガラスで、火災時にガラスの破片の飛散を防いでくれます。視界を遮る網入り型板ガラスというものもあり、透明の網入りガラスに加えて、視界を遮るための網入り型板ガラスという種類もあります。家庭用で使う場合に広く用いられていることもあります。場合によっては、防犯・防音という機能も付けられるものが出ています。これはオーダーすればそのようなガラスを選ぶことができます。交換する場合は色々なパターンが出ているので業者に問い合わせてみてください。各々の状況に適したご提案をいたします。

エリア情報
東京都荒川区

世田谷区にご在宅の方で、ミラーガラスが外れてしまって困ったという方はいませんか?ミラーガラスというのは、断熱効果が高く、かつ片方からもう片方を覗くと覗きにくくなる特性を持つガラスです。マジックミラーの簡易版と考えましょう。ミラーガラスが外れてしまった場合はそのままにして、動かせるガラス以外はそのままにしておくとよいでしょう。ミラーガラスも一般的なガラスと素材の意味では変わらないため、割れたところに近づくと大変危険です。場合によっては怪我をすることもあります。ミラーガラスは。一般のガラスとあまり変わらない強度なので、遮熱には優れていますが強度はそれほどでもありません。大抵のガラス業者さんが扱っているのですぐ取り替えてくれるはずです。

エリア情報

よくあるご質問・トラブル一覧

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

トラブル事例

トラブル事例一覧