ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの手入れ・メンテナンス

暮らしを営むための建物には、換気をしたり自然光を取り込んだりするための窓が不可欠です。

窓に使用するガラスにはさまざまな種類があります。

できるだけ長く、そして適切な使い方をするには、どのような点にポイントを置いて選ぶべきなのでしょうか。

一般ガラスの種類と特徴

外観イメージ

一般ガラスと言われているものの中には「網入りガラス」に「型板ガラス」、そして「すりガラス」などがあります。

「網入りガラス」はガラスの中央部分に細い鉄線が入ったもので、火に強いという特徴を備えています。鉄線を細かい格子状に入れることで強度が増すため、割れにくいのもこのガラスの特徴のひとつです。万が一割れた場合もガラス破片が割れ落ちることが少なく、ケガの防止にも役立ちます。また、仮にガラスが割れた場合でも鉄線によって侵入が難しいため、防犯対策としても期待できるガラスです。

「型板ガラス」はくもりガラスともいわれているもので、型によって形成された模様が入っています。この模様によって視界を遮る役割をするので、浴室やトイレなどのようなプライバシーを守りたい個室や場所の使用に向いています。

「すりガラス」はガラスに擦り加工を施したものです。「型板ガラス」のような模様とは異なりますが、同じように視界を遮ってくれるため、外部からプライバシーを守りたい空間で使用されることが多いガラスです。

機能ガラスの種類と特徴

機能ガラスとは、一般ガラスのような空間を仕切るという目的に加えて、さまざまな機能を持たせたガラスのことです。機能ガラスには「複層ガラス」や「強化ガラス」、「防犯ガラス」などがあります。

「複層ガラス」は2枚のガラスの間に空間を作ることで断熱性を持たせたものです。外部からの熱の侵入を抑えると同時に冷暖房の熱を逃しにくいので、光熱費の節約につながります。結露がつきにくいという特徴も持っています。

「強化ガラス」は、風圧に対する強度が強化されたものです。他には、割れると粒状に細かく砕けるという特徴もあります。粒子状に割れることで飛散した際のケガ防止に役立つのも特徴のひとつです。

「防犯ガラス」とは、通常のガラスより強度を増すことで、割れるのに時間を要するという特徴を持っています。主に防犯を目的に使用されます。

機能ガラスには他にも、遮音効果に優れている「防音ガラス」、火が回りにくい「防災ガラス」などがあります。

どのような目的の部屋かで選ぶ

ガラスをできるだけ長く使うには、それぞれのガラスの特徴を踏まえて目的に合ったものを選ぶのがポイントです。例えば、玄関や勝手口のような外部からの侵入が心配されるような場所には、「網入りガラス」や「防犯ガラス」が適しています。

台風のような暴風雨にも耐えられることを想定すれば「強化ガラス」もいいでしょう。単に風による破損を防ぐだけでなく、小石のような飛来物にも耐用できます。もちろん、絶対に割れないとは言いきれませんが、通常のガラスに比べれば割れにくく長持ちしてくれることが期待できます。

窓枠のサイズやタイプで選ぶメリット

窓イメージ

使用する窓の大きさやタイプでガラスを選ぶのもポイントのひとつです。屋外からの自然な光を取り入れたい場所や景色を楽しみたい部屋など、大きな窓にしたい時には強度の高いガラスが適しています。

例えば、「網入りガラス」や「強化ガラス」のような割れにくく丈夫なガラスなら大きな窓枠でも安心して使えるでしょう。

これに対して、強度が低い「すりガラス」などのような一般ガラスは、小さめの窓枠に使えば面積を抑えられ、割れるリスクも下げることができます。窓枠の大きな場所には割れにくい機能性のあるガラスを、窓枠の小さい場所には強度の低いものという選び方をしてください。大きな窓枠に強度の低いガラスを選んでしまうと、割れるリスクが高くなります。

窓枠のタイプでガラスを選ぶのも方法のひとつです。薄いガラスや強度の低いガラスは、格子窓などで使えば補強の効果が出るのでそのまま広い面で使うより安心できます。このように、ガラスの強度に合わせて窓枠の大きさやタイプを選ぶようにすると割れにくく、長く使うことが可能です。

まとめ

窓のイメージ

ガラスはこの他にも、樹脂製のものなどもたくさん出ています。頻繁に開閉するドアや引き戸、窓のほか、小さな子どもがいる家庭の場合などは、樹脂製のガラスを使用することで安全に長く使えるでしょう。

樹脂製ガラスの難点は、種類によって見た目の印象が変わる場合があることです。せっかくの家のイメージが崩れないよう、家のデザインやインテリアとのバランスを考えながら、割れにくい、長く使えるガラスを選ぶようにしましょう。

自分で選ぶことに迷ってしまった時には、プロに相談するのも良い方法です。ガラスはメーカーによっても機能や価格には違いがあります。自分が求める条件やデザイン性、そして必要な機能などを伝えて、使う場所に適したガラスを選んでもらいましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください