ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

窓ガラスが劣化してくると、ヒビが入ったり割れたりして危険です。そうなってしまう前にガラスを交換する必要がありますが、ガラスが劣化しているのかどうかを見分けるにはどこを見ればいいのでしょうか。そこで今回は、ガラス交換のタイミングを知るために、どのようなサインに気を付ければいいのかを紹介していきます。

ガラスが劣化するのはなぜ?ガラスがダメージを受ける原因

ガラスにダメージを与えるのは、「紫外線」「温度差」「雨や風」などさまざまな要因が考えられます。ガラスは日常的に直射日光に当たっているため、紫外線や熱の影響を受けやすくなります。ガラスは日光を透過しているので紫外線によるダメージを受けないイメージがあるかもしれませんが、木や金属などと同様に紫外線に当たることで日焼けをして劣化が進むのです。長期間使っているガラスだと、紫外線によって化学反応を起こして、透明だったガラスが白っぽく変色することもあります。

家の中と外との温度差によってガラスに生じるゆがみも、劣化が進む原因になります。ガラスは高温になると膨張しますが、ガラス全体が同じように膨張するわけではなく、膨張の大きい部分とあまり膨張しない部分とがあるので、それぞれが引っ張り合うことになり、結果としてゆがみや割れが発生します。これは「熱割れ」と呼ばれる現象で、温度差が大きければ大きいほど起こりやすいとされています。ヒーターなどの暖房器具をガラスの近くで使用すると、熱割れの原因となるため注意しなければいけません。

また、ガラスは水にぬれると微量のナトリウムイオンが溶けだします。そのまま水分だけが蒸発すると、濃度の高い水酸化ナトリウムだけが表面に残り、ガラスを変質させ浸食していきます。雨で濡れるたびに浸食を繰り返し、紫外線による日焼けと同様にガラスが白っぽく変色してしまうのです。水によって引き起こされる劣化という意味では、冬になると起こる結露でも同じような劣化が進みます。

強い風によって舞い上がった砂やほこりがつける、ガラス表面の小さなキズも劣化の原因になります。目には見えないような細かいキズなので気がつかない場合も多いですが、細かいキズがたくさんついていると、何か衝撃が加わった時にガラスが割れやすくなってしまいます。さらに、重みなどの負荷もガラスの劣化につながります。雪が多く降る地域では屋根に積もった雪の重みによって、ガラスにゆがみが生じる可能性があるのです。

ガラスが劣化しているサインはこれ!

ガラスは紫外線や雨の影響によって白っぽく濁ってきます。これはガラスの素材そのものが変質してしまっているため、ガラスの表面をいくら磨いてもキレイになることはありません。つまり、拭いても落ちないガラスの曇りは汚れではなく、劣化してしまっていると考えられます。掃除をする際に確認してみましょう。

また、窓ガラスの開け閉めがしづらいときや鍵がかかりにくくなっている場合も、ガラスが劣化している可能性があります。温度差や屋根の重みなどでガラスがゆがんでしまっていると、窓ガラスがスムーズに動かなくなってしまいます。また、ガラスにゆがみがなくても窓枠にゆがみが生じている場合には、窓の開け閉めがしにくいだけでなく、ガラスのヒビや割れの原因となってしまうのです。

明らかなヒビや割れがあれば、すぐにガラスの劣化に気付くでしょう。しかし、大きな異変が見られないと、劣化していることになかなか気付くことができません。そのため、ガラスの劣化を見抜くには些細な変化も見逃さないようにすることが大切です。普段の生活の中で少しでも「何か変だな」と感じるようなことがあれば、ガラスの劣化を疑いましょう。特に使用年数が長いガラスの場合には、劣化が進んでいる可能性があるので要注意です。

ガラスの劣化を放置すると危険!早めに交換を

ガラスの劣化に気がついたら、なるべく早い段階で交換をしましょう。現段階では特に問題がないからといって放置していると、とても危険です。劣化してもろくなってしまったガラスは、ちょっとした衝撃でも簡単に割れてしまいます。ガラスの破損はケガにつながりますし、すぐに修理ができなかった場合に割れた窓ガラスをそのままにしておくのは防犯面でも不安です。ガラスは厚みや環境によっても劣化の進み具合が変わってくるため、「〇年で交換」といった明確な目安がありません。掃除や開け閉めする際に異変を察知することが安全な生活を送るために重要になってきます。

まとめ

ガラスの劣化は注意深く見ていないと気付きにくいです。気が付いたとしても窓やガラスの交換はDIYでは難しく、交換した古いガラスの処分も必要になります。

少しでも異変を感じたらガラスが劣化している可能性がありますので、専門業者に依頼しましょう。また、同時期に設置した他のガラスや窓があれば、合わせて確認してもらうといいでしょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください