ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

窓から少しずつ入ってくる隙間風は、寒くなる季節が近づくにつれて気になるものです。なんとかしたいと自分でいろいろ工夫しても、完全には防ぎきれないので困っている人も多いのではないでしょうか。せっかく暖房を入れても光熱費が高くついてしまう可能性もあり、悩みの種になっているときは原因を知り、早めに対処することが大切です。

考えられる原因と対処法についてみていきましょう。

隙間風に気付いたらガラスをチェック!

窓からの隙間風に気付いたら、まずはガラスのどこかに割れや欠けがないか、どこかにヒビ割れが入っていないかを確認しましょう。窓ガラスは完全に割れていなくても、長い年月の間で少しずつ劣化してヒビ割れや、熱割れなどを起こすことがあるからです。

もし、隙間風の原因がガラスの割れやヒビだった場合、サッシとの隙間にテープを貼ったり、断熱シートのような何らかのシートなどを貼ったりして応急処置をしておきましょう。しかし、応急処置のまま放置しておくと強い風が吹いた時やガラスに接触した時に、割れやヒビが大きくなり、突然ガラスが割れてしまうこともあるので大変危険です。早急に専門業者へ交換を依頼しましょう。

隙間風はつらい!部屋の気密性を高めることで解決?

窓ガラス自体にヒビ割れが見られないときは、窓枠と窓の間に少し隙間ができていることが原因で隙間風が入ってくることがあります。特に寒冷地にお住まいの場合、窓から入ってくる冷たい隙間風の影響で部屋が冷えやすくなりがちです。その結果、暖房を長時間使ってしまうため、光熱費が高めの傾向にあるのではないでしょうか。一方で、湿気が多く、気温が高い時期にも隙間風が気になるときがあるでしょう。この場合、長い時間冷房を使っていたとしても、窓から熱気を含んだ隙間風が入ることによって部屋の中がなかなか涼しくならない悩みがあります。どちらのケースも隙間風の影響をうけて光熱費が余計にかかってしまう可能性が高いです。

気温が低い地域でも高い地域でも、隙間風を防ぐためには部屋の気密性を高める必要があります。窓と窓枠の隙間を埋めることによって隙間風を家に入れないようにしましょう。可能な対策のひとつとしては、窓ガラス修理・交換の専門業者に窓を見てもらうことです。専門業者であれば、窓枠と窓の間にある少しの隙間も見逃さないので、修理で気になる隙間風を防ぐことができます。

隙間風が家に入る原因はほかにもある!

窓から隙間風が入ってくる原因はほかにもあるので、どのような対処が必要になるのかはそれぞれの窓の状態により異なります。たとえば、対処方法のひとつとして、今ある窓ガラスを交換しないで、窓の内側にもう一枚窓ガラスを取り付けることを検討してみてもよいでしょう。二重窓や二重サッシに変更することで、より確実に隙間風を防ぐことが可能です。しかし、窓枠自体がずれていると、せっかく二重窓に変更しても問題が解決されない場合があるので注意が必要です。

隙間風が入ってくるそのほかの原因としては、窓の部品のどこかに時間の経過とともに少しずつ劣化や不具合が出てきていることが挙げられます。自分でチェックする方法のひとつとして、窓を開け閉めしたときにガタついた感じがしないか確認してみましょう。窓の開け閉めがガタついてしまうのは、窓の下にある車輪のような形をした戸車と呼ばれる部品の高さがずれている可能性があります。この場合、窓をしっかり閉めても窓枠や窓、レールの間などに隙間ができてしまうので、外からの隙間風が家の中に入りやすくなるでしょう。窓の下部に戸車の高さを調整するネジ穴があります。ドライバーでネジを回して戸車の傾きを調整し窓を水平の状態にすれば、隙間がなくなり隙間風を防ぐことができます。さらに、窓の下のレール部分にゴミがたまってしまうと、戸車の高さが変わってしまったり、窓がガタつく原因になったりします。レールを定期的に掃除することで隙間風を予防できるでしょう。

次に、窓の鍵がしっかりかかるかを確認してみることが大切です。鍵のかかりが悪い状態でそのままにしておくと、鍵が曲がって故障の原因になります。鍵が変形することで窓に隙間ができてしまい、隙間風の原因になることもあるので注意が必要です。また、窓についているゴムパッキンなどの消耗品や部品の劣化が隙間風の原因になることがあります。このように、窓に使用する部品のどこかに問題が発生している可能性があると、結果的に窓や窓枠に隙間ができて隙間風が入ってきやすい状態になるのです。窓ガラス修理・交換の専門業者に見てもらって窓や窓枠の状態をしっかり把握し、状況に応じて適切な修理や部品交換をお願いしましょう。

まとめ

隙間風が気になったら、窓にヒビがないか、窓枠や窓に隙間がないかチェックしましょう。
しかし、原因が特定できず悩みが解決しないときは、窓や窓枠の修理や交換が必要な時期にきている可能性があります。隙間風を完全に防ぐには、窓ガラスのプロにお願いすると安心です。

年中無休で営業している業者もありますし、多くの業者が見積もり依頼には無料で対応しています。中には電話で問い合わせてから最短30分で駆けつけてくれる窓ガラス修理・交換の専門業者もありますので、窓の異常を発見したらすぐに修理を依頼してください。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください