ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:網戸・雨戸の手入れ・メンテナンス

雨戸は雨や風から、または侵入者から窓を守るだけでなく、家の外観をも大きく左右します。錆びついた雨戸は見栄えも悪く、古くなった雨戸は強風などで破損する危険もあるので、できるだけ早くリフォームしたいものです。最近は雨戸にもいろいろな種類があり、用途や予算によっていろいろと選べることをご存じですか?ここでは、いろいろな雨戸の種類とその設置方法について解説します。雨戸のリフォームを考える参考にしてください。

これだけある!雨戸の種類とは

大きく分けると雨戸には、引き戸タイプ、シャッタータイプ、折り戸タイプの3つのタイプがあります。

引き戸タイプの雨戸は日本では昔からよく見られるタイプの雨戸で、外側にある戸袋に雨戸が収納されるようになっています。この引き戸タイプの雨戸には、単板タイプとルーバータイプがあります。単板タイプの雨戸は、シンプルな戸を2~3枚並べて閉めるタイプです。戸にはすき間がないので、閉め切ると光も風も入らなくなります。もっとも安価に設置することができ、賃貸住宅などでよく見られます。ルーバータイプはブラインドのように隙間があるため、雨戸を閉めた状態でも外光や風を取り込めるようになっているタイプの雨戸です。ルーバーが可動式であれば、角度を調節して、天候や季節によって風や光を自在に室内へ入れることができます。単板タイプより高価ですが、雨戸を閉め切っても部屋が暗くならないというメリットがあります。

以前はよく見られた引き戸タイプの雨戸も、最近の住宅には取り付けられることが少なくなってきました。その理由は、開けたり閉めたりするのが手間であること、外壁に取り付けなければならない戸袋が最近の住宅のデザインに合わないこと、シャッタータイプの雨戸に人気が集中していること、などが挙げられます。

シャッタータイプの雨戸は、ガレージや商店街のシャッターのように、開けると窓の上部にある戸袋に収納される仕組みになっている雨戸です。引き戸タイプの雨戸より高価になりますが、開閉がしやすく、防犯性も高く、雨や風にも強いのが大きなメリットです。シャッタータイプの雨戸には、手動式と電動式があります。電動式の雨戸にはリモコンが付いていて、ボタンを押すだけで開閉できるのでとても便利です。窓を閉めたままで開閉できるので、雨や虫が入ってくるのを避けることができますし、夏の暑い時や冬の寒い時でも窓を開けなくてもいいので電動式は人気があります。タイマー機能が付いているものや、故障や停電の場合に備えて手動でも操作できるようになっているものもあります。

3つめは折り戸タイプです。洋風の住宅にとても似合う、デザイン性の高い雨戸です。外側に折り曲げて開閉する仕組みになっています。

雨戸をリフォームするには?雨戸の設置方法いろいろ

雨戸をリフォームするには、今付いている雨戸の敷居をそのまま使用する方法、枠ごと交換する方法、雨戸が付いていない窓に後付けする方法、があります。雨戸の敷居が変形していない場合は、雨戸本体だけを交換することができます。古い住宅だと木製の敷居に木製の雨戸が付いていることもありますが、木製の敷居にアルミの雨戸を取り付けることも可能です。しかし、枠ごと交換するほうがスムーズに開閉できるようになるので、予算的に可能なら枠ごと交換するのがおすすめです。

雨戸を交換するには足場を組む必要があり、専門知識と技術が必要です。費用はかかりますが、専門業者に依頼する方が安全に確実に設置することができます。

雨戸リフォームの費用は?

雨戸の交換リフォームにかかる費用の相場を紹介します。雨戸の値段は大きさや材質などによって変わりますが、一番安い単板タイプの雨戸で1枚約2~5万円です。費用を安く抑えたいなら、単板タイプがおすすめです。雨戸を閉めたままでも外光や風を取り込むことができるルーバータイプの雨戸は、1枚約3~6万円です。シャッタータイプになると、手動式で1枚約8~10万円、人気のある電動シャッター雨戸になると1枚約12~30万円です。全ての窓に全く同じ雨戸を取り付ける必要はなく、部屋の用途や開け閉めする頻度を考えて、それぞれの窓に合った雨戸を設置しましょう。

また、交換によるリフォームだけでなく、修理や塗装によるリフォームで対応できる場合もあります。雨戸を塗り替える場合の費用の相場は、1枚あたり約2~5千円です。家や雨戸の状態によってもベストなリフォーム方法は変わってきます。専門業者に相談してみましょう。

まとめ

雨戸をリフォームする際には、足場を組む必要があります。足場の費用も発生することになるので、どこか1ヶ所だけ設置するよりは、まとめてリフォームをしたり、窓の修理や交換と合わせてリフォームしたりすることで費用を節約できます。高齢化に向けて、開閉が楽になる電動シャッター雨戸にも人気が集まっています。この機会に、雨戸のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください