ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

外気と室温の差が大きくなる季節には冷暖房にかかる費用も高くなるため、節約したいと考える人も多いのではないでしょうか。また、冷暖房を使用していても室内の温度が暑かったり、寒かったりするなど調節が難しく適温にならないケースもあります。室内の温度を快適に保つためには、断熱ガラスや遮熱ガラスに変更する方法も有効です。断熱ガラスと遮熱ガラスの効果や性能や違いについて確認し、住宅に最適なガラスを選びましょう。

断熱ガラスや遮熱ガラスの効果と性能の違い

まず、断熱ガラスについて説明します。断熱ガラスとは熱が伝導しにくい構造が特徴であり、2枚のガラスを使用するため「複層ガラス」や「ペアガラス」とも呼ばれます。2枚のガラスの間にガスや空気などを含ませる空間をつくることによって、熱の移動を断絶させるようなつくりになっています。室内外の温度が伝わりにくいため、暖房で温かくした室内の温度が逃げにくく、冷房で冷えた空気が外の気温によってあがることも防いでくれます。

ガラスの間の気体の厚みが増すほど断熱効果が高く、使用される気体の種類も製品によって異なります。空気を含ませている断熱ガラスもありますが、ガスのほうが熱を断つ効果が高くなります。より効果的な断熱ガラスを求める際には、空間の厚みや気体の種類にも注意してみましょう。

一方、遮熱ガラスとは太陽の光から発する熱を遮る効果が期待できるガラスです。一般的に、窓から入る太陽の光や熱を遮るときには、カーテンを閉めます。しかし、カーテンは室内にあるため、太陽の光や熱は1度室内に入ることになるのです。さらに、カーテンが吸収した熱が室内に放出されることにより室内の温度があがるため、冷房をつけていても快適な温度を保てなくなります。そのため、室内に熱が入る前に外のガラスで遮断する必要があります。つまり、室温をあげないことを重視した際に用いられるのが遮熱ガラスなのです。

また似たような名称のガラスに耐熱ガラスというものがありますが、耐熱ガラスは、室内外の大きな温度変化に耐えられる構造であり、防火性を重視したい場合に用いられます。網が入っているため、割れにくいことが特徴であり、サビ割れや太陽の光による熱割れを防ぐ効果が期待できます。室内の温度を快適に保つため、電気代節約のために設置を検討されるのは、主に断熱ガラスと遮熱ガラスの2種類です。断熱と遮熱については効果や性能が似ているようにも感じますが、実際には大きな違いがありますのでガラス選びの際には注意しましょう。

断熱ガラスのメリットとデメリット

断熱ガラスや遮熱ガラスは、一般的なガラスと比較をすると機能性が高く、リフォームで導入する人も多いガラスです。それぞれのメリットとデメリットを比較したうえで、どちらを導入するべきなのか検討しましょう。

まず、断熱ガラスのメリットですが、熱を持った空気の移動を制限することで冷暖房にかかる電気代を節約できる点がメリットです。断熱ガラスを設置すると、冷房の設定温度を高く暖房の設定温度を低くしても、室内の温度を適温に保てます。住宅の環境によって異なるものの、年間の冷暖房にかかる電気代を数千円節約できるケースもあります。冷暖房の温度設定については、省エネ効果がある点もメリットであるといえるでしょう。

また、断熱ガラスは2枚のガラスでできており、空気やガスなどの気体が含まれるため、外気と室内の温度差が少なくなります。そのため、結露が発生しにくく水滴の掃除やカビの発生も予防する効果が期待できます。しかし、2枚のガラスを使用しているため、一般的な1枚のガラスと比較して販売価格は高くなります。さらに、十分に断熱するためには、サッシも変更する必要があることにも注意しましょう。ガラス部分のみを断熱ガラスに交換するだけでも、一般的なガラスと比較をすれば室温を快適にできるものの、サッシの対策が不十分であればそこから熱が移動してしまいます。その結果、サッシ周辺で結露が発生するなどのデメリットが生まれる可能性があるので、充分に検討して選びましょう。

遮熱ガラスのメリット・デメリット

遮熱ガラスは、太陽の光から発生する熱を遮断する効果が期待できるガラスです。太陽の光には、紫外線や赤外線などの種類があり、最も熱を発生させる光は赤外線になります。遮熱ガラスでは、室内に入ることで熱を発生し室温を上げる原因となる、赤外線のみを遮断できる性能があります。

一般的に、カーテンではなくブラインドを使用している場合は可視光線も遮断している状態であるため、室内が暗くなってしまいますが、遮熱ガラスであれば明るさに影響する可視光線は通すため、室内が暗くなるケースは少ない点がメリットとしてあげられます。夏場の日射光も暑さを感じにくくなり、冷房器具の効果が高くなることで電気代の節約にもつながります。

ただし、断熱ガラス同様に一般的なガラスと比較をすると価格が高くなる点がデメリットです。また、西側に最適な商品、南側に不向きな商品など種類も豊富であるため、設置をする際には工夫が必要な場合もあります。住宅の窓がある場所によって異なりますが、夏場は暑いため西日を避けたいけれど、冬は寒いため西日が重要であるといったケースでは、設置する種類をしっかりと選ぶ必要があります。

まとめ

日々の生活で室温を快適に保つことを重視するのであれば、断熱・遮熱ガラスを用いることが有効です。使用しているガラスによっては熱の伝導性が高いために、せっかく冷暖房設備で調節した室温が、外の温度によって簡単に変化してしまっている可能性があります。

もし、室温を適温に保つことが難しいのであれば、安直に冷暖房設備の買い替えを検討する前に、現在使用しているガラスに原因がないか着目してみると良いでしょう。また、断熱ガラスと遮熱ガラスの違いも考慮して、状況にあった適切なガラスを選べるようにガラス選びは専門業者に相談して決めることをお勧めします。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください