ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

建築用として使用されているガラスの中でも、時折目にするのが防火ガラスです。 「新築一戸建てを購入しようとしたところ、防火ガラスの導入をすすめられた」「実は自宅に使われているガラスが、防火ガラスだった」という方もいるでしょう。

身近に使われている防火ガラスですが、実はその用途やメリットについて、誤解したまま覚えているケースも少なくありません。 防火ガラスとはどのようなガラスで、どういった特徴を持っているのでしょうか。 わかりやすく解説していきますから、「防火ガラスって?」と思ったときにはぜひ参考にしてみてください。

防火ガラスとは

防火ガラスイメージ

防火ガラスとは、その名前のとおり火を防ぐために使われるガラスです。 たとえば隣の家で火事が起きてしまったとき、熱や炎による影響は避けられません。 特に窓ガラスは影響を受けやすく、熱によりガラスが割れてしまうケースが多くあります。

通常のガラスの場合、割れればそこに開口部ができます。 その開口部から炎が室内に入り込むことで、火災範囲がどんどん広がっていってしまいます。

防火ガラスは、このような事態を避けるため、「熱を加えられても割れにくい性質」や「ガラスが割れても簡単に脱落せず、開口部を作らない仕組み」を採用されています。 これにより、延焼被害を食い止めやすくなります。

また防火ガラスは、自宅から出火した際に、周辺に炎を広げないために採用されるケースも多くあります。 周辺環境によって、法律で「防火地域」や「準防火地域」と定められているエリアがあります。 このエリア内で住宅やお店を作ろうと思えば、法律で指示された箇所に防火ガラスを採用することは、義務となります。 採用しない場合、法律違反となってしまうので注意しましょう。

防火ガラスの特徴

では、具体的に防火ガラスにはどのような種類があり、どのような特徴を持っているのでしょうか。 近年、住宅や店舗などで広く使われている防火ガラスは、2種類あります。

  • 網入りガラス
  • 耐熱ガラス

それぞれの特徴、採用するメリット・デメリット、さらにおすすめの使い方などを詳しく紹介していきます。

網入りガラスとは

網入りガラス

比較的よく見るタイプのが、「網入りガラス」という種類の防火ガラスです。 ガラスの内部に金属製の網が挿入されていて、独特の見た目をしています。 なぜ金属製の網を挿入しているのかというと、割れたガラスの脱落を防ぐためです。 熱によりガラスが割れてしまっても、網にガラスが引っかかることで、二次被害を防げます。 また、開口部がなければ炎が周辺に広がることはありませんし、また飛び散ったガラスで、人がケガをすることもありません。 このため、万が一のときでも安全性が高いガラスとして知られています。 網入りガラスには、金属製の網の入り方により、

  • クロスワイヤー(縦と横、十字に網が入っているタイプ)
  • ひし形ワイヤー(斜めに網が入っているタイプ)
  • ユニワイヤー(縦方向のみに網が入っているタイプ)

の3つの種類が存在します。

窓ガラスの中の網は、ガラスの見た目にも大きな影響を与えるものです。 好みのものを選択すると良いでしょう。

安全性が高く、また防火ガラスの中でも比較的リーズナブルに導入できる点が、網入りガラスのメリットです。 しかし一方でデメリットも存在しています。 網入りガラスを採用するデメリットは、以下の4つです。

  • 窓ガラスから見える風景に影響を与える
  • 一般的なフロートガラスよりも熱に弱い
  • 網が錆び、ガラス割れの原因になることがある
  • ガラスが割れないわけではなく、防犯性能は低い

近年、住宅に導入する際に、特に問題になりやすいのが「窓ガラスから見える風景に影響する」というデメリットです。

一般的な透明ガラスと比較すると、やはり網目が気になってしまうでしょう。

「大きな窓を採用して、ピクチャーウィンドウとして楽しみたい!」という方には、あまりおすすめできないガラスとなります。

また「安全性能が高い」という特徴はありますが、「防犯性能が高い」というわけではない点にも、注意する必要があります。

金属製の網が入っていても、ハンマーなどでたたけば、ガラスはすぐに割れてしまいます。 防火ガラスと防犯ガラスは全く性質が異なるものとして、頭に入れておきましょう。

耐熱ガラスとは?

網入りガラスのデメリットを最小限に抑えられるガラスとして、近年注目を集めているのが耐熱ガラスです。 こちらは、網入りガラスとは全く異なる特徴を持つ防火ガラスです。

網入りガラスは、「熱によりガラスが割れること」を想定して作られたもの。 一方で耐熱ガラスは「熱を加えられても割れにくいガラス」を想定して作られています。 窓に使われているガラスの耐火性能が高ければ、ガラスが割れ、開口部ができることもありません。

ガラスが割れなければ破片が脱落するおそれもありませんから、こちらのタイプの防火ガラスには「網」は入っていません。

耐熱ガラスには、以下のような種類があります。

  • 低熱膨張ガラス
  • ゼロ膨張結晶化ガラス
  • 耐熱強化ガラス
  • 積層ガラス

低熱膨張ガラスとゼロ膨張結晶化ガラスは、熱を加えられても膨張しにくいガラスです。 耐熱性能が高く、防火ガラスとして利用できます。

耐熱強化ガラスは、あらかじめ表面に熱処理を施したガラスで、表面の特殊な膜が熱からガラスを守ってくれます。 積層ガラスは、一般的なガラスと特殊樹脂を積み重ねて作ることで、熱に強くなっています。

さまざまな種類が開発・販売されていますが、デメリットはずばり導入コストが高くなりが ちだということです。

しかし、それを上回るメリットも報告されています。

  • 視界を遮らないため、どんな場所でも活用しやすい
  • 断熱性能など、そのほかの性能も高められているガラスが多い
  • 通常のガラスよりも割れにくい、もしくは割れても安全

見た目にこだわりたい場所や、強度も同時に高めたいときには、こちらのタイプの防火ガラスを検討した方が、より満足できることでしょう。

防火ガラスの耐用年数

防火ガラスの耐用年数は、製品によっても異なります。 しかし火災などのトラブルがなければ、一般的に数年から数十年と、長いスパンで使えると言われています。

ただし網入りガラスの場合は、内部の網が原因で自然に割れてしまうことがあります。 錆びが生じたり、気温の変化で網が伸び縮みしたりすると、当然周辺のガラスにも悪影響を与えてしまいます。 こうした意味で、通常のガラスよりも耐用年数が短くなりがちだと考えられます。

もし設置から長い期間が経過していて、内部の網に何か不具合が起きているなら、思い切って網なしの耐熱ガラスへと変更するのも良いでしょう。

まとめ

相談イメージ

防火ガラスは、「住んでいる地域が準防火地域だったから…」など、仕方なく設置するケースも多くあります。 しかし防火ガラスの種類が豊富になった今、「見た目」にも「性能」にも妥協することはありません。

網目なしの透明ガラスであれば視界を遮ることもありませんし、そのほかの安全性能や断熱性能についても、より高性能なものを取り入れられるようになってきています。

もちろん、自分の家の安全性を高めるため、より積極的に防火ガラスを採用するのもおすすめの方法です。 実際にどのような防火ガラスがあり、どんな製品がおすすめなのか気になったときには、信頼できるガラス屋さんに相談してみると良いでしょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください