ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

ペアガラスとは、二重になっているガラスのことです。 2枚の板ガラスの間に空気を封入することで、高い断熱効果を生み出すことができます。

ここでは、ペアガラスの特徴と交換するメリットについて解説します。

ペアガラスのメリット

ペアガラスイメージ

ペアガラスは、2枚のガラスの間に空気層があるものなので、光の透過性は少しも影響を受けずに、高い断熱効果を得られるものです。 これは、対流しない空気が高い断熱性を持つことを利用して作られています。 ガラスとガラスの間は6ミリ程度のものが多いですが、もっと間隔を広げることで、さらに高い断熱効果を発揮することができます。 しかし、間隔を広げると窓自体の厚みが増すため、どの住宅でもできるわけではありません。 断熱効果があるということは、同時に結露防止にもなるため、ペアガラスはいろんな分野の建築物に利用されています。

また、最近では空気の代わりに、アルゴンガスを封入したペアガラスもあります。 ガラスも2枚から3枚に増やしたものも多くなり、より一層断熱効果の高いものが見られるようになりました。

ペアガラスを使うメリット

家の中から熱を逃がさない工夫は、家を建築する際に欠かせません。 通常、もっとも家の中の熱が逃げるのは、窓からだと言われています。 ペアガラスは、窓ガラスを2重にして中間に空気層を作ることで、熱伝導率を下げて家の中の熱が逃げないように作られています。 また、家の中の熱を逃がさないということは、外の熱を家の中へ入れないことにもつながります。 つまり、ペアガラスを使うことで、冬は暖房で温めた部屋の温度を下げず、夏は暑い外気を中に入れないことで、冷房効果を高めます。

このように、ペアガラスを使うと家の中の温度調節が外気に影響されなくなるため、冷暖房に余計な費用がかからず、高い省エネ効果を生むことができます。 ペアガラスを導入するには多少の費用がかかりますが、毎月の電気代が安くなることを考えると、十分に導入する価値があります。

組み合わせにより防犯や防火にも役立つ

防犯イメージ

ペアガラスの性能は、遮熱効果だけではありません。 組み合わせるガラスによって、防犯や防火にも役立てることができます。

防犯効果

泥棒は私たちの平和な生活を脅かす大敵です。 実は、この泥棒のほとんどが、窓から侵入するといわれています。 特に一軒家の場合は、泥棒被害のうち約7割が窓からの侵入によるものです。 窓からの侵入を阻止するには、「破るのに時間がかかる窓」にすればいいのです。

防犯ガラスは、2枚のガラスの間に強靭な中間膜やポリカーボネード板などをはさみ込み、ドライバーでこじ開けたりハンマーなどで割ろうとしても、簡単には破れないようになっています。 窓を破るのに時間がかかれば見つかる可能性が高くなるので、泥棒も侵入をあきらめて退散します。 これが、防犯効果のある窓づくりの考え方です。

防火効果

万が一火災が発生した場合、防火効果のある窓とそうでない窓では、火災の広がり方がまるで違ってきます。 普通のガラスは耐火性がないために、高温の炎で熱せられると簡単に割れてしまいます。 窓を閉め切った状態で火災が発生した場合、窓が割れた途端に外部から大量の空気が流入して一気に燃え上がります。 しかし、耐火性の強い窓なら、そういったことはありません。 つまり、熱に強い窓を作ることは、防火のために非常に重要なのです。

その点、防火ガラスは耐熱性に優れているので、火災による被害を大幅に抑える効果があります。 最近では防耐火ガラスと呼ばれる、非常に熱に強いガラスが開発され、防火に高い効果を発揮しています。 防耐火ガラスは通常の板ガラスの6倍もの耐熱性があるとされています。 しかも、防耐火ガラスの多くは2枚構造のペアガラスになっているため、さらに高い防火性能を発揮することができます。

まとめ

窓イメージ

ペアガラスは断熱効果が高く、夏はエアコンで冷やした中の空気を外に逃がさず、冬は暖房した部屋の空気を外に逃がさない構造になっています。 また、防犯ガラスは泥棒の侵入を防ぎ、防火ガラスは耐熱性の高いガラスを用いることで、火災による被害を抑える効果があります。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください