ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:網戸・雨戸の手入れ・メンテナンス

防犯や寒さ対策、風雨からガラスを守るために雨戸を設置している家もあるでしょう。台風などが起きたときには、雨戸があると家への大きな被害を防いでくれるため特に心強いものです。

しかし、家を守ってくれたときに雨戸自体が傷んでしまうということもあります。そのような際には、再び雨戸の役割を果たせるようにするために放置せず、きちんと修理をしておくことが大切です。

雨戸の修理を行うと修繕費用がかかります。そこで今回は、雨戸の修繕費用を少しでも抑えたい場合に気になる、台風時の雨戸の修理の保険適用の可否について紹介します。

そもそも住まいのリスクに備える保険、火災保険とは?

住宅イメージ

今後起こるかもしれない万が一のリスクに備えて複数の人でお金を出し合い、いざというときにお金を受け取ることができる制度が「保険」です。保険金が支払わられる対象となるものが自動車であれば自動車保険、病気やケガに対応したものであれば医療保険といったように、対象に合わせてさまざまな種類の保険があります。

火災保険はその名のとおり、火災をはじめとした災害時に損害を補償することを目的とした保険で、事故などによる損害を対象とした損害保険の1つです。火災保険で補償される対象となるのは、主に家やビルなどの建物、建物の中にある家具などの「動産」となっています。

用途や対象物別に異なる火災保険の種類!雨戸はどんな保険の対象?

「火災保険」という言葉が付いた名称の保険に入れば、必ず住まいに関わるすべてのものの損害が補償されるというわけではありません。保険をかける用途や保健の対象物によって補償内容は異なってくるのです。

たとえば、個人が住む住居用の火災保険商品と店舗用の火災保険商品とでは保険の補償内容が異なっています。

一戸建てのような独立した建物ではなく、複数の人が共同で持つ集合住宅の場合でも住居用の扱いです。店舗併用住宅であれば、店舗用の火災保険の契約が必要となります。

そして、対象物による分類では住宅火災保険と住宅総合保険の2種類があります。どちらも住居用の火災保険です。住宅火災保険は火災や落雷、爆発・破裂、風災・雪災といった災害時での損害を補償範囲としています。

対して、住宅総合保険は住宅火災保険の補償内容に加え、盗難や物体の落下・衝突、水災などによる損害も補償対象として適用されているのです。

ただし、地震による損害は対象外となっていて、地震被害へ備えたい場合には地震保険への加入が別途必要となります。そして、台風によって雨戸が損傷してしまった場合には、風災などの災害によって受ける損害となるため、住宅火災保険でも、住宅総合保険でも補償対象となるのです。

古かった雨戸の損傷でも火災保険の申請を出してよい?

雨戸が壊れてしまったタイミングが台風であっても、長年使用している劣化した雨戸であることから、保険の適用対象となるのか不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、たとえ経年劣化した雨戸であっても、損傷したり壊れてしまったりした原因が台風の一撃であるということが明白であれば、火災保険の風災補償などの対象として保険適用となる可能性は十分にあるのです。

火災保険の対象となるかどうかは、自然災害により受けたダメージを修理するかどうかが判断基準となっています。このため、台風後に雨戸の損傷に気付いたら、火災保険を扱っている会社に申請しておくようにするとよいでしょう。

保険金を請求したい!火災保険の申請方法とは

火災保険の申請を行う場合には、まず、加入している火災保険の保険会社に損害が発生したことを報告する必要があります。

損害の発生報告は、被害後すぐに行うことが重要です。損害の状況について詳しく報告を行い、火災保険商品の対象範囲内の損害であると保険会社から判断されると、保険会社によって損害の状況の確認が行われます。雨戸の傷みが激しく、そのまま放置しておいては生活するのに支障が出るといった場合でも、自己判断で勝手に修繕してしまわないようにしましょう。必ず、保険会社に相談してから対応することが大切です。

保険会社が確認を終える前に修繕したものについては、火災保険の補償対象外となり保険金が支払われなくなる可能性もあります。損害状況の確認によって申請が受理されると、損害状況に見合った保険金が保険会社から保険加入者に支払われます。

負担金0円も!雨戸の修理にかかる費用

悩みイメージ

雨戸の修理にかかる費用は修理会社や雨戸の損傷具合によっても異なりますが、単板タイプの引き違い雨戸であれば2万円から5万円程度、同じ引き違い雨戸でも羽板が並んだルーバー式の雨戸の場合であれば少し高く3万円から6万円程度が一般的です。

さらに、手動シャッターであれば8万円から10万円程度、電動シャッターの場合には12万円から30万円程度かかることもあります。しかし、火災保険が適用された場合には、どのタイプの雨戸でも損害状況によって自己負担金が0円で修理することが可能となることもあるのです。

まとめ

住宅イメージ

台風が原因の雨戸の破損であれば、保険が適用される可能性は高いです。

壊れてしまったときは入っている保険の内容を確認した上で、保険会社に直接相談してみるのが確実です。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください