ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

窓ガラスを破損してしまったとき、分譲マンションや戸建てであればガラス業者に連絡をすれば済みます。しかし、賃貸物件の場合は、オーナーや管理会社・保険会社などが関わってくるため、いささか手続きが異なります。

修理費用についても、オーナーや保険会社が負担する場合と、入居者が負担しなければならないケースとがあり、もっとも気になる点ではないでしょうか。それでは、賃貸の窓ガラス修繕についてくわしく見ていきましょう。

貸主負担か、借主負担か?割れの原因を見極める!

賃貸

はじめに、一番重要な修理費用についてですが、これは窓ガラスが割れた原因によって、貸主負担か借主負担かが変わってきます。

原因が、窓に衝撃を与えていないにも関わらず自然に割れてしまう「熱割れ」の場合は、入居者が修繕費を支払う必要はありません。「熱割れ」とは、室内と外とに急激な温度差が生じると、ガラスに負荷がかかって破損する現象です。

他には、「さび割れ」という現象も、入居者が費用を負担しなくてもよいケースです。ガラスの中に入っている鉄線が雨や経年劣化によってさび、内部で膨張することで割れてしまう現象です。いつの間にか窓ガラスが割れていたときは、このいずれかに当てはまることがほとんどですので、費用負担は貸主となります。

反対に、入所者の不注意でガラスに衝撃が加わって割れたりヒビが入ったりしたときは、自己負担で修理しなければならないことがあります。例えば、家具やボールといったおもちゃ、あるいはペットが飛びついたことによって割れてしまったなど、物理的な衝撃で破損した場合は入居者が費用を支払う可能性が高くなります。

自然現象か物理的原因かは、ガラスの割れた様子を見ればわかります。物をぶつけた衝撃で割れた窓は、ぶつかった一点を中心に周囲へとヒビが広がります。逆に、「熱割れ」は窓の端などから全体にヒビが入ることが多く、特徴的なものですのでだれが見ても一目瞭然です。

まずは管理会社・オーナーに連絡

破損の原因がわかったら、次は管理会社やオーナーに連絡しましょう。賃貸の場合は、依頼できるガラス業者があらかじめ管理会社によって決められていることがあります。

まずは管理会社に連絡を取ってから、保険会社が契約しているガラス業者を紹介してもらいましょう。この時、自然に割れた場合は、必ずそのことを伝えましょう。言わないでいると、修繕費をそのまま請求されてしまいます。

特に、退去時など「熱割れ」であってもオーナーから料金を請求されたというケースが後を絶ちません。国土交通省の退去費用のガイドラインには、「熱割れ」はオーナー負担と明記されています。万一請求されても「熱割れが原因なのに、費用を支払わなければならない理由を説明してください」と毅然として断わりましょう。

もし、過失によって割ってしまった場合は正直にガラス会社に話して、料金の見積もりをしてもらってください。保険会社が呼んだガラス業者の見積もりが高すぎたときは、個人で他のガラス業者に頼むことも可能です。ガラス業者からは、「ガラスが割れた日やその理由」「割れた場所やサイズ」などを聞かれます。これらの情報から、保険適用内であるか否か、費用がどのくらいかかるのかといった概算がなされます。各社の規定によるものの、故意と考えられない事故であれば保険が適用されるようです。

ガラス修繕費用の相場

相場

ガラスの修繕費は、ガラスの種類が大変多いため一概にはいえません。サイズ・枚数・透明か曇りガラスか・ワイヤーが入っているタイプかといった内容によって変動します。ガラスだけでなく、サッシ部分の修理が必要な場合もあります。ただ、賃貸アパートや賃貸マンションでは比較的安いガラスが使われていることが多いです。極端に高い金額を請求されることはないと考えられます。

窓のサイズやガラス業者にもよりますが、だいたいの相場は1万円~2万円程度とされています。1万円以下で修理してくれるところもあれば、出張費などを上乗せして請求してくる会社もあり、見積もり段階でしっかりと費用内訳を聞いておく必要があるでしょう。

作業時間は、交換するガラスの枚数や作業スペースの有無によって変わります。スペースにベランダが使えたりして作業しやすければ1時間~2時間程度で終わりますが、ワンルームで狭い部屋だと外に持ち出しての作業となるため時間がかかります。

いずれにしても、一度現場を見てからの判断となり、即日での対応は難しいので、時間の余裕がある日に修理を依頼しましょう。すぐに修理時間が取れないときは、穴の開いた窓ガラスは段ボールやビニールシートで応急処置をして、雨風による床やカーペットの破損・汚染を防ぎます。ガラス破片はガムテープや掃除機で吸い取り、掃除にはグローブや軍手を使って怪我をしないように注意しましょう。

まとめ

まとめ

賃貸物件で窓ガラスが割れた場合、最大のポイントは、ガラスが割れた原因によって修理費が、「貸主負担」か「借主負担」と変わることです。熱割れやさび割れなど自然に割れたものは貸主、物や家具をぶつけるといった過失による破損であれば借主が修繕費用を負担しなければなりません。

修理の責任問題にならないように速やかに管理会社や保険会社に連絡を取って対応しましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください