ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

賃貸物件から引っ越しをする時に気になることの一つに賃貸の修繕費があると思います。退去される時にはどこかに大きな汚れが無いか、床の凹みや壁の穴等が無いかを気にされる方が多いとはおもいますが、身に覚えがないのにいつの間にかガラスの一部が割れていたりヒビが入っていた、ということもあります。

こうしたケースにはどのように対応すれば良いのかを紹介していきます。

賃貸の修繕の根本にある原状回復の考え方

ガラス

賃貸物件の修繕の基準となるのは「原状回復」であるか否かです。この言葉の解釈はこれまでも貸主と借主との間で頻繁に起こるトラブルとして、法的な問題として取り上げられることが多くありました。そして、裁判所での「原状回復」の見解は、建物の経年劣化や通常の生活を送る分で必然的に消耗する部分を回復するのではなく、借主の故意または過失等による劣化の部分を回復する、というものでした。

 

これは賃貸借契約の対象となる賃貸物件の価値は、そもそも時間の経過により自然に減少するもので、借主が賃貸契約書等に定められた規則に基づいて物件を使用し、社会通念上通常に使用していれば借主に劣化分の責任は生じないということです。つまり、賃貸借契約終了時に当初の状態よりも建物の価値が経年劣化等の原因で減価していたとしてもそれは当然であり、そのまま貸主に返せばよい、という考え方に基づいています。

 

その為、例え退去時に物件のどこかに損耗があったとしても、通常の生活を送る上で自然に起こりうるものであれば、借主がそれを賠償する責任はありません。これはもちろんガラスの場合にも当てはまります。次に修繕費を払う必要のない具体的なケースを見てみましょう。

修繕費用を払わなくて済むケース

借主が原状回復の費用負担の責任を負わなくても良いケースというのは、ガラスが借主の故意や過失よって何かをぶつけるといったことがなく、その他の理由でガラスが割れてしまった場合です。では、窓ガラスが自然に割れてしまうことがあるのでしょうか。

修理費用の自己負担を免れるためには、窓ガラスが故意で割れたわけではないことを説明しなければなりません。衝撃を一切加えていないのに、窓ガラスが自然に割れてしまうことはあります。

「熱割れ」という現象で、室内と室外の温度差によって自然にガラスが割れてしまう現象です。ガラスは温められると表面が膨張します。一方、冷たい空気にさらされてもガラス面は変化しません。室内外で温度差があると、ガラスの両面が膨張する側と変化しない側で負荷が大きくなり、それに耐えきれなくなって割れてしまうことがあるのです。

また、「さび割れ」という現象も故意でない窓ガラスの破損事由になります。窓の中に網目状の鉄線が入ったガラスに起こる現象で、内部の鉄線が経年劣化を起こして膨張し、ガラスそのものに破損を与えてしまう現象です。

このような現象で窓ガラスが割れてしまったら、故意でない事由で窓ガラスが破損したと判断されるので、修理費用を自己負担する必要もなくなります。

自分に非がないことをしっかりアピール

アピール

もし自分の過失で窓ガラスを割ってしまったら、修理費用は自己負担ということになってしまうでしょう。一方、ガラスが割れたことに何ら身に覚えがない場合は、不可抗力で割れてしまったことをしっかりアピールすることが大切です。管理会社や保険会社も、熱割れやさび割れでガラスが破損することがあることを知っているはずです。きちんとアピールすれば誠実に対応してくれるでしょう。

ただ、窓ガラスの破損状況によっては、そもそも交換や修理を見送られることもあります。たとえば、窓ガラスの端っこに小さなひびが入っているだけの状態など、破損状況がごく軽微なものに過ぎなかった場合、経過を見て判断するということで交換や修理はしないという場合もあります。こうした場合は当然借主に修繕費用を請求するようなことはありません。修繕の必要性の判断は貸主側に任せましょう。

たとえ軽微なひび割れであっても、何らかの破損を発見したら退去まで待たず、その時点でとりあえず管理会社や大家に連絡するのが鉄則です。小さなひびが大きな破損につながることもありますし、破損の状況が大きくなれば修理費用も高額になってしまうからです。いずれにしても、自分に非がない窓ガラスの破損に関しては、見つけたらそのまま放置しておかず、すぐに管理会社や大家に連絡するようにしてください。また、自分に非があったとしても、事実を包み隠さずに管理会社や大家に報告しましょう。

まとめ

窓

賃貸の窓ガラス修理は、どちらが費用負担するかでもめがちです。トラブルに巻き込まれたくないがために、請求された費用が正当なものかを検討せずに支払ってしまう方も多いでしょう。

ただ、自分に非がない破損なら、しっかりアピールすれば費用負担を免れることは十分に可能ですから、身に覚えのない請求に泣き寝入りしたりする必要はありません。

退去時に窓ガラスの修繕費用を請求せれたら過去の自分の行動を思い出し、自分の過失によるものではないと判断したら、しっかりとそのことを貸主にアピールしましょう。

窓ガラスに何か破損が見つかったら、業者に連絡する前にきちんと管理会社に報告しましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください