ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

窓ガラスは頻繁に割れるようなものではないので、今まで交換したことがないという人もいるのではないでしょうか。もし窓ガラスが割れてしまったというときは、すぐにでも業者に依頼して交換するようにしてください。また、割れてはいないがひびが入っている、といった状態であっても、放置しているとさらに破損が広がってしまうこともあります。ただ、交換するのが初めてというときは、何をどうすれば良いかわからないこともあるでしょう。ここでは、窓ガラスを交換する際に確認しておきたいポイントについて紹介します。

窓ガラスの状態をチェック!正確に状況を伝えよう

窓ガラスの状態をチェック

表面にひびが入ってしまったとき、機能ガラスに取り替えたいとき、窓枠が外れてしまったときなど、業者に依頼する理由はさまざまです。

もし、交換しなければいけない事情ができたときは、まず窓ガラス専門の修理・交換業者に連絡を入れてみてください。電話一本で対応してくれる業者もあれば、インターネット上で手続きが取れるようになっている業者もあります。ただ、業者に連絡を入れる際は、修理する窓ガラスの箇所や窓ガラスの種類などをできるだけ正確に伝えてください。

一般的な窓ガラスの交換では、依頼する際に見積もりを出してくれます。その見積もりが料金の参考になりますが、その後の修理の流れによっては料金が変わることもあるので注意してください。

例えば、電話での見積もりは簡単で便利ですが、実際に作業をしたら意外と費用がかかってしまったということがあります。これは電話での見積もりで正確な値段が出せなかったことが原因です。また、場合によっては、現場までやってきてガラスの在庫がなかったり、ガラスが切り取れなかったりということで作業が翌日に持ち越しになってしまうこともあります。そうなれば、別途料金がかかり、合計の費用が高くなってしまうということもありえます。そうした事態を避ける為には見積もりは出来るだけ現地でスタッフに見てもらうのが安心です。

ガラスの種類や大きさを確認しておく

状況を正確に伝えるためには、窓ガラスの知識をある程度は確認しておく必要があります。窓ガラスにはさまざまな種類や大きさがあります。交換する際は、それぞれのガラスによって作業の流れも変わってきます。交換する枚数やガラスの大きさによっては、作業時間が半日~1日ほどかかることもあるため、時間的にも余裕を持って準備しておかなければなりません。特に窓ガラスの種類は、防犯性能の高いものから断熱加工が施されたものまで非常に多彩です。

窓ガラスの交換をする際は、どんな種類があるのかしっかり確認しておいてください。窓側が通りに面しているなら、防犯性能の高い強化ガラスがおすすめですし、外部の騒音が気になるというなら、高度な遮音性能を備えた合わせガラスが最適です。ほかにも、ワイヤー入りのガラスや曇り加工のしてあるガラスなど、いろいろな種類が用意されているので、自分の家に合った窓ガラスを選ぶようにしましょう。

また、業者に連絡を入れる前に、窓ガラスの大きさを計測しておくことも忘れないようにしてください。窓ガラスが割れてしまったときは、割れたガラスとまったく同サイズのガラスが必要になります。計測する際は縦と横の長さをセンチ単位で計って、なるべく正確な数値を把握しておきましょう。

ガラスの厚みも重要なので、こちらはミリ単位で計測する必要があります。ただ、家庭でガラスの厚みを正確に計るのが困難な場合、大まかな厚みを業者に伝えれば柔軟に対応してくれるでしょう。

ガラスの状態を確認!作業中のチェックポイント

ガラスをチェック

交換業者に依頼して、実際に作業しているときにもチェックポイントがあります。窓ガラスはきちんと窓枠にはまっていないと性能が落ちてしまいます。ズレが生じて割れやすくなったり、隙間ができて断熱性能が落ちてしまったり、せっかく交換したのに満足できない状態になってしまいます。

そうしたことがないよう、業者が作業している際に気になることがあったなら、遠慮せずに注文や指摘をしてみてください。交換業者の中には、次の仕事が入っていたり、技術がイマイチだったりして、最後の作業まで丁寧にできていないこともあります。もしズレていたり、曲がっていたりしたら、その場ですぐに対応してもらうか、後になって気づいたときはなるべく早く問い合わせるようにしましょう。

また、取り付けてもらうガラスがキレイかどうかも確認しておいてください。業者の交換スキルが今一つという場合、作業の過程で窓ガラスが汚れてしまうことがあります。高いところなどに取り付けた窓ガラスは掃除するのも容易ではありません。汚れがあるとキレイにするのも手間がかかるので、作業中は交換する窓ガラスの状態にも目を配っておくようにしましょう。

それから、提示される料金が適正であるかどうかも大切です。料金は前払いではなく、作業が終わってから支払うのが通常です。先に払ってしまうと、どのような作業をされても取り返すことは難しくなります。料金の見積もりをしっかりして、作業を終えた後に支払いをするようにしましょう。

まとめ

窓ガラスの交換

窓ガラスの交換を依頼する際は、誠実かつ丁寧に対応してくれる業者を選ぶことが大切です。そういった業者なら、料金の見積もりや実際の交換作業も安心して任せることができます。

ただ、実際に業者に問い合わせる前に、ガラスの大きさを確認しておくなど、自分でもできる対策をしておいてください。

そうすることで、作業時間を短くできるなど、より満足できるガラス交換ができるはずです。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください