ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

住宅のガラスは、さまざまな原因によって割れてしまいます。転んだ拍子にぶつかったり、台風で物が飛んできたりするなど、予想もしないような割れ方をするかもしれません。

ガラスが割れてしまった場合は、ガラスの専門業者に修理を依頼するのが基本です。

しかし、業者がすぐに駆けつけてくれるとは限りません。業者が忙しい場合は、翌日以降になるケースもあるでしょう。

そこで今回は、ガラスが割れたときに自分で行える応急処置を紹介します。

まず落ち着いて着替えよう!

軍手イメージ

ガラスの応急処置をするときは、2次被害に備えることが先決です。割れたガラスは鋭利な刃物と同じように、簡単に肌を傷つけてしまいます。応急処置を始める前に、できるだけ肌の露出を減らしましょう。

厚手の長袖と長ズボンを着用し、室内であっても靴を履いた方が良いです。スリッパは脱げやすいうえに、ガラスの破片を踏んだときに貫通する恐れもあるのでなるべく避けましょう。

底の厚いスニーカーやブーツを履いておくと安心です。手には軍手を装着し、薄い場合は2重にしておくのが望ましいです。

また、子どもやペットが近くにいる場合は、ガラスから遠ざけることも忘れてはいけません。落ちているガラスが危険なのはもちろん、窓枠のガラスが割れて落ちてくる可能性もあるからです。

ひび割れには補修シール!ガムテープも可

ガラスにひびが入った程度であれば、応急処置を施すだけで耐久度がかなり上がります。

ただし、応急処置の前はひびが一本入っているだけでも、とても脆い状態なので要注意です。少しの振動が加わるだけで、ひびが広がって全体が割れてしまう場合もあります。

その可能性を考慮して、くれぐれも慎重に処置を進めてください。具体的な作業としては、ひびを覆うようにガラス専用の補修シールを貼るのが望ましいです。

そうすると、ひびが広がっていくことを防げます。もし衝撃が加わって、ひびの周辺が割れてしまっても、破片が飛び散ることもありません。

補修シールはホームセンターなどで売られています。補修シールが手元にない場合は、ガムテープで代用すると良いでしょう。力を入れないで撫でるように貼ってください。

コーキング剤があれば心強い!

もし近くにホームセンターがあるなら、ガラス用の補修テープとともに、ガラス用のコーキング剤も購入してくると良いでしょう。コーキング剤は隙間を埋めるのに使う充填材で、防水性や気密性を向上させることが主な目的です。

コーキング剤をひびのくぼみに充填していきましょう。雨や空気が侵入することを防ぐだけでなく、接着剤の役割もあるので、ひびの広がりも抑えられます。

コーキング剤を使用した上から、補修テープやガムテープを貼れば、耐久度は非常に高くなるでしょう。また、補修テープやガムテープを貼るときのように誤って力を加えすぎて割るような心配もありません。

ただし、コーキング剤が固まるまで時間がかかるので注意が必要です。気候や室温などによって硬化のスピードが異なります。完全に固まるまでは脆い状態が続くので、油断して触らないようにしてください。

大きく割れた場合は破片の始末が重要!

割れた窓イメージ

ひび程度ではなく、大きな穴があくほど割れてしまった場合は別の応急処置が必要になります。割れた面積が広いと、落ちている破片もそれだけ多いはずです。

それらを片付けないと他の処置を行えません。まず、大きな破片から集めていきましょう。拾ったガラスを入れておくためのダンボールを用意してください。ゴミ袋は何重にしても破れてしまう恐れがあるので適していません。

また、ダンボールに入れたときに破片同士が接触すると、砕けて飛び散る可能性があります。危険なので、新聞紙に包んでから入れたほうが安全です。大きな破片を集め終わったら、次は小さな破片を回収していきます。

掃除機で吸い取る方法もありますが、機種によっては故障してしまう可能性もあるでしょう。そのため、つまめるサイズの破片を取り除いたら、残りの破片の除去には粘着ローラーを使用するのがおすすめです。

ダンボールで補強して業者の助けを待つ!

足元のガラスをすべて片付けたら、穴を塞ぐための応急処置を行います。雨風が入ってこないようにするためですが、窓枠に残ったガラスの落下を防ぐことも重要な目的です。

ガラスが落下すると危険なのはもちろん、また掃除をしなければなりません。最初の掃除のときにあえて残ったガラスを割って取り除く方法もありますが、怪我をするケースもあるので控えたほうが無難です。

ダンボールを使って、穴を塞ぐのと同時に残ったガラスの補強をしましょう。

それらを覆えるような大きさにダンボールをカットし、そっと当ててガムテープなどで固定しておけばひとまず安心です。ただ、ダンボールは強度や耐久性が不十分です。見た目もとても悪いので、その状態で長くは過ごせません。ガラスの専門業者に、できるだけ早く駆けつけてくれるように伝えましょう。

まとめ

業者イメージ

ここで説明したのはあくまで応急処置の方法です。

基本的にガラスの修理自体は業者に依頼するのが良いでしょう。

きちんと修理してもらえるまでの間は、ここで紹介した方法を取り入れ、まずは安全を確保しましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください