ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

窓ガラスは、家の設備の中でもデリケートで、衝撃を加えなくても自然にひびが入ったり、割れてしまったりすることがあります。 賃貸マンションは退居するときに原状復帰を求められますが、もし窓ガラスが割れたりひびが入ったりしていた場合、ガラス交換をしなくてはなりません。 しかし、賃貸マンションでは、鍵交換や壁紙の張替えなどのように、住人が勝手にしてはならないことがたくさんあります。

では、賃貸マンションでガラス交換をしたい場合は、勝手に業者へ頼んでも大丈夫なのでしょうか?

住人が勝手にガラス交換することはできない

マンションイメージ

賃貸マンションの場合、住人は大家や管理会社などの「家主」から部屋を借りているだけであり、住居や設備は家主のものです。 他人に借りた服のボタンを勝手に交換してはいけないように、ガラス交換も勝手に行うことはできません。 もし勝手にガラス交換をしてしまった場合、強制退去になってしまうケースもあるため、許可なくガラス交換をしないようにしましょう。

もしガラス交換をしたい場合は、業者に連絡をする前にまずは管理会社や大家へ連絡しましょう。 なお、窓ガラスが割れたなど、すぐに対処しなくてはならない場合も、まずは管理会社や大家に連絡することを優先してください。

DIYがOKな賃貸マンションでも勝手にガラス交換はできない

ペンキ色塗りイメージ

最近では賃貸マンションでも持ち家のように、自由にDIYができる物件が増えてきています。 DIYできる物件では、壁に穴をあけても、ペンキで色を塗っても大丈夫なので、自分好みの部屋を作ることができます。 しかし、DIYを自由に行っても大丈夫な賃貸マンションであっても、ガラス交換は勝手にすることはできません。 賃貸マンションに限らず、持ち家として購入したマンションでも、ガラス交換は勝手にすることができません。

その理由は、外に面している部分を含め、ベランダや廊下など、居住スペースよりも外側は共用部分となるためです。 二重サッシであれば、内側の窓をガラス交換するのは大丈夫ですが、外側の共用部分となる窓は勝手にガラス交換できません。 ただし、窓にフィルムを貼るなど、すぐに原状復帰できるような場合は自由に行っても大丈夫です。

賃貸の場合、勝手に業者へ頼まないほうが得になる!?

賃貸マンションから退居するとき、住人には部屋を元に戻さなくてはならない「原状復帰」が求められます。 そのとき、窓ガラスが割れたり、ひびが入ってしまっていたりすると、ガラス交換をしなくてはなりません。 ただし、原状復帰のためのガラス交換であっても、まずは業者に連絡をするのではなく、管理会社や大家に連絡をするようにしましょう。

賃貸マンションの場合、過失によって窓ガラスが傷ついた場合は、借り主がガラス交換にかかる費用を負担しなければなりません。 しかし、地震や雹、台風などの自然災害によるケースや、室内と外の温度差によって割れてしまったケースなど、日常生活を過ごしているうちに自然と割れてしまった場合は、大家が費用を負担しなければなりません。

自然に割れてしまったことを知らずに、勝手に業者を呼んでガラス交換をしてしまうと、免除される費用もすべて自己負担となってしまいます。 なので、業者へ勝手に依頼をしないようにしましょう。

まとめ

賃貸マンション

どんなケースであっても、賃貸マンションではガラス交換を勝手に業者へ依頼することはできません。 許可なく交換をしてしまった場合は、強制退去せざるを得ない場合もあるため、どんなケースであっても、まずは管理会社や大家に連絡をするようにしましょう。 場合によっては、かかる費用が免除されることもありますので、勝手にガラス交換をしないようにしましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください