ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの手入れ・メンテナンス

窓ガラスは日常的に掃除を行う場所ですが、正しい手順できれいにできている家庭はそれほど多くありません。掃除がしっかりできていない窓ガラスは見た目が悪くなるだけでなく、ヒビが入る原因にもなります。ガラスを隅々まできれいにするのは手間ですが、ある日突然ガラスが割れて困らないように、ふだんの掃除を徹底しましょう。

この記事では、窓ガラス掃除で気をつけたいポイントや、見落としがちな箇所について解説していきます。

窓ガラス掃除の正しい順番を守れている?乾拭きは絶対に行おう

まどの乾拭き

窓ガラス掃除でよくある間違いが、汚れのある箇所だけを集中的に拭いてしまうことです。なかなか取れないしつこい汚れなら、ある程度は局所的に拭くのも仕方がありません。しかし、窓ガラスには人の目に映りにくい汚れやホコリが常に付着しています。窓ガラスは一箇所だけをきれいにするのではなく、全体を拭き掃除するように心がけましょう。

また、窓ガラス掃除では必ずクリーナーを使うと良いでしょう。水拭きだけでも汚れは取れますが、やはりクリーナーの効率にはかないません。ガラスクリーナーは家にストックしておくのがおすすめです。「ガラスクリーナーが切れたから窓ガラスが掃除できない」ことがないようにしましょう。

窓ガラス掃除では、最初にホコリを払うところから始めます。いきなり拭き掃除を始めると、ゴミやホコリと一緒にガラスを拭くので、汚れや傷を広げる恐れがあるからです。掃除機などでホコリをきれいにしたら、クリーナーで窓を拭きます。クリーナーは適量を守って使用しましょう。そして、水で絞った雑巾でクリーナーを拭き取っていきます。ここで窓ガラス掃除を終える人もいますが、ガラスが濡れていると乾いたときに汚れてしまいます。水拭きの後は必ず乾拭きを行い、ガラスを乾燥させましょう。また、クリーナー、水拭き、乾拭きで雑巾を変えるのも大切です。

窓ガラス掃除で見落とすポイント!「上」には注意

窓ガラス掃除で見落としがちなのは「網戸」の存在です。ガラスを拭くのに夢中でセットになっている網戸を無視してしまう人は少なくありません。しかし、網戸もガラス同様に汚れやすいパーツです。むしろ、網の目にゴミやホコリが引っかかってしまい、ガラス以上に汚れているケースもありえます。

網戸を放置してガラスだけきれいにしても、すぐにガラスは汚れてしまいます。網戸の掃除はスポンジなど、柔らかい感触の道具で行いましょう。「拭く」というより、軽く「たたく」感覚で掃除するときれいにホコリが取れます。掃除機でホコリを吸い取るのもいいですが、出力をあまり強くせず、網戸に押しつけないように注意します。

窓ガラス掃除では、「いかにホコリを取り除けるか」が肝心です。ホコリがまとわりついている状態で拭き掃除をしても、ガラスはすぐに汚れます。サッシや鍵など、窓ガラス以外の部分にもホコリがついていないか、見落とさずチェックしてから拭き掃除に移りましょう。

ホコリがたまりやすいのに、つい無視してしまいがちなのが「窓枠の上側」です。多くの窓枠は上部分が突き出ており、落ちてきたホコリが引っかかってしまいます。しかし、人の目では確認しづらい箇所なので、なかなか気がまわらないのです。台に乗るなどの工夫をして、ホコリは「高いところから低いところへと落としていく」掃除を心がけましょう。

定期的に専門業者へとメンテナンスを依頼するのもおすすめ

業者

窓ガラス掃除は真剣に行うと、非常に時間がかかる作業です。とはいえ、家の中で掃除をしなくてはいけない場所は窓だけではありません。集中的に窓ガラスをきれいにできる日は、そうそう来ないでしょう。窓ガラスは繊細な物体なので、できることなら手間ひまをかけて美しく保ちたいところです。

そこで、定期的に専門業者へとメンテナンスの依頼をし、必要であれば掃除や修理、交換までお願いするのがおすすめです。メンテナンスをするとガラスの傷み具合を客観的にチェックしてもらえるうえ、今後の掃除のやり方についても的確なアドバイスをもらえます。

業者には窓ガラス掃除の知識も技術も十分にそなわっています。自力で掃除をするのが大変だったガラスも、業者の手にかかればすぐに終わるでしょう。そして、掃除だけにとどまらず必要があれば「修理」や「交換」までも業者は対応してくれます。ガラスの修理とは、傷を研磨して美しくするなど、特別なスキルが求められます。素人の手で行って、より傷を広げないためにも業者に任せるのが安心です。

また、ガラス交換が発生したとすれば、ガラスの取り扱いに慣れていない人が作業を行うのは危険です。ガラスを割ってしまうと費用が無駄になるだけでなく、怪我をする可能性もあるからです。窓ガラスにまつわる不安を取り除くなら、業者に相談してみましょう。

まとめ

専門家にメンテナンスを依頼

窓ガラス掃除は奥が深い作業であり、日ごろから完璧に仕上げようとするのは困難です。

だからこそ、要点を押さえて最低限、ガラスの汚れや傷には敏感になりましょう。

そして、正しい方法で掃除をすれば、ガラスの傷みは食い止められます。

そのうえで、専門業者にメンテナンスをしてもらえば、窓ガラスをより美しく保てるでしょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください