ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

一般的に網入りガラスは普通のガラスよりも防犯性が高いという認識が広まっています。しかし、結論からいってしまえば網入りガラスは防犯用のガラスではないため、防犯用として用いるのは不適切です。

この記事では、網入りガラスの防犯性や防犯ガラスとの違いについて解説していきます。

網入りガラスとはどんなガラス?

「網入りガラス」とはガラスの中にワイヤーで網目が入っている種類のガラスの総称です。実は網入りガラスはもともと防火用に開発されました。中に仕込まれたワイヤーは、ガラスが割れた際に破片が周囲に飛散させないようにする役割をもっています。火災でガラスが割れた際、破片が崩れ落ちなければ大きな穴が開かないため、炎が外に漏れだしにくく延焼する危険性を抑えることができます。

こういった特徴から網入りガラスは消防法によって防火用ガラスとして定められています。そのため、とくにガソリンスタンドや防火地域などの火災の危険がある建物ではよく目にすることがあるでしょう。指定されていない施設や場所においても火事の拡散を抑制できるため、網入りガラスを選ぶ家主や会社経営者は多く、様々な建物で広く使用されています。

網入りガラスは内部にワイヤーが仕込まれているため、頑丈で割れにくいガラスであると思われがちですが、これは正しい認識とはいえません。じつは網入りガラスの耐久性は「普通のガラス」と称されるフロート板ガラスと大差なく、工具などを用いれば難なくガラスを破壊することができてしまいます。

加えて、網入りガラスは熱の変化に弱く比較的熱割れを起こしやすいというデメリットもあります。ワイヤーとガラスは熱の伝わりやすさに違いがあるため、ガラスの温度差によって発生する熱割れという現象を起こしやすいのです。網入りガラスは防火ガラスではあっても、特別な耐熱性があるわけではないことにも注意しましょう。

つまるところ、網入りガラスは割れないガラスをコンセプトとして開発されたものではありません。ワイヤーの役割はあくまで割れた場合にガラスの破片が飛び散るのを防ぐためであって、ガラスが割れることそのものを防ぐものではないのです。網入りガラスは割れてもなお防火壁としての役割を果たし、炎を通さないことに特化したガラスです。延焼を防ぐという目的には大きな効果がありますが、熱に強いガラスではなく割れにくいガラスでもないことに注意しましょう。

網入りガラスはむしろ防犯性が低い?

網入りガラスは防犯性という観点においてはむしろ逆効果なのではないかという見方もあります。防犯ガラスは、破片が飛び散りにくいという特性があるため、ガラスを割っても比較的周囲が異常を察知しにくい可能性があるのです。また網入りガラスはワイヤーによって大きな穴はあけにくい特徴はあるものの、先に述べたように強度は普通のガラスと大差なく、穴をあける程度であれば工具を使って簡単に破ることができてしまいます。

空き巣犯は鍵が外から動かせるだけの大きさの穴があけられれば侵入できてしまうため、大きな穴が開きにくいという特徴は防犯の観点ではメリットにはなり得ません。そのため防犯用のガラスとして網入りガラスを用いるのは正しい選択とはいえないでしょう。

防犯ガラスとして網入りガラスが広まった理由として「ワイヤーの存在が耐久性の高さを誤認させてしまった」「防火性と防犯性が混同されてしまった」という点の他にも、「価格の安さ」があります。網入りガラスは価格が比較的手ごろなため、効率的に防犯をほどこせると勘違いしてしまった人が多いのです。防犯性を重視するのなら、防犯性能を高めることを目的として開発された防犯ガラスを選ぶ必要があります。

本当に防犯性の高いガラスとは?

防犯用のガラスにおいて求められる性能は、とにかく割れにくく頑強であることです。また鍵を操作できるだけの穴が開いてしまえば侵入を許してしまうため、小さな穴もあけにくい、貫通することが難しいガラスである必要があります。

防犯ガラスは特殊なフィルムを内部に仕込んだ合わせガラスで、工具を用いても割れにくく、小さな穴もあけ難いつくりとなっています。ガラスを打ち破ることに時間がかかれば空き巣犯はそれだけ危険を冒すことになるため、防犯ガラスは不法侵入を防ぐ有効な手段となるでしょう

また防犯ガラスは厚みにも種類があり、厚みがあればあるほど頑丈になりますが値段も上がります。専門業者と相談して用途にあった防犯ガラスを選ぶようにしましょう。

まとめ

網入りガラスは防火用のガラスであって、防犯用のガラスではありません。破片が飛び散りにくいつくりになっているものの、ガラスの強度が優れているわけではないため、工具などを用いれば、空き巣は簡単にガラスを破って侵入することができてしまいます。

防犯性の高い設備にすることを第一の目的として、ガラス選びを行うのであれば網入りガラスではなく、防犯用のガラスとして開発された合わせガラスを選ぶべきでしょう。

ガラスの種類や用途は種々様々なため、目的に合ったガラスへ交換できるように、ガラス選びの際は専門業者と相談して決めるようにしましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください