ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

突然起きたガラス割れトラブルに、「どうしよう…」と困った経験はありませんか? ガラスを使っている以上、「割れる」というトラブルは身近なもの。 さまざまな理由で、ガラスは割れてしまいます。

意外と知られていませんが、そんなガラス割れの原因の一つが「熱」なのです。 なぜガラスが熱で割れてしまうのか、またどれぐらいの温度でリスクが高まるのか、実際に割れてしまったときの対処法など、ガラスを使う上で知っておきたいポイントをまとめて紹介していきます。

ガラスは熱で割れるのか

割れたガラス

まずは基本、「熱が原因で本当にガラスは割れてしまうのか」という疑問を解消していきましょう。 この疑問に対する答えは、ずばり「はい」です。

ガラストラブルの中でも、この「熱割れ」は比較的多く報告されています。 熱割れに対する知識がないと、いざトラブルが起きてしまったときに、慌ててしまうことでしょう。 ガラスが熱で割れてしまう仕組みについて、わかりやすく解説します。

ガラスは「温度差」で割れてしまいます

ガラスが熱で割れる原因は、急激な温度変化に内部の組織が耐えられなくなるためです。 たとえば耐熱仕様になっていないガラスのコップに熱湯を注ぐと、割れてしまうことがあります。

これはコップの内部に注がれた熱湯により、ガラスが急激に温められたから。 ガラスの一部の温度が一気に上昇し、膨張していきます。 しかし熱湯が直接触れていない部分は、このように急激にガラスが膨張することはありません。

温度が低い部分はごく普通の状態にも関わらず、ごく一部にのみ、急激に膨張する力が加わることで、ガラスは耐えられなくなり、やがて割れてしまいます。

熱割れを起こしやすいガラスの種類

割れたガラス窓

特に熱割れトラブルが発生しやすいのは、急激な温度変化にさらされやすい各種ガラス製品です。 ガラスの食器やコップは、熱い料理や飲み物を提供するために使われることも多いです。 耐熱性能が備わっていないアイテムは、非常にリスクが高いと言えるでしょう。

またこれ以外にも、実は意外と「窓ガラス」にも注意する必要があります。 直射日光でガラスの一部のみが温められると、日陰になっている部分との間に温度差が生じます。 膨張しようとする力と、その場に留まる力の差が強くなりすぎれば、ガラスに割れが生じます。

網入りガラスの熱割れリスクについて

窓ガラスの中にも、特に熱割れに対して注意する必要があるガラスが存在しています。 その一つが、防火ガラスの一種である網入りガラスです。 熱で割れてしまったときでも、内部に仕込まれた網の効果で、ガラスの破片の脱落を防いでくれます。

これにより炎の侵入を防いだり、周囲の人の安全を守ったりする役割を果たしてくれています。

しかし一方で、ガラスの中にワイヤーという異なる特徴を持つ素材が使われていることで、「熱による影響を受けやすい」という特徴も持ち合わせています。 ガラス表面の温度差に注意して生活するほか、熱に強い耐熱タイプの防火ガラスへと交換するのもおすすめの方法です。

熱線吸収ガラスの熱割れリスクについて

ビルやオフィスに多く採用されている熱線吸収ガラスは、直射日光の熱をガラスが吸収することで、室内への影響を抑えてくれる高性能なガラスです。 しかし残念ながら、こちらも熱割れリスクが高いガラスとして知られています。

「熱を吸収する」という特性上、直射日光が当たる部分だけ、温度がどんどん上昇してしまいます。 その他の場所との温度差が激しくなり、ヒビ割れが生じやすくなります。

何℃から割れるのか

ガラスの熱割れを防ぐためには、ガラスと温度について普段から気を配っておく必要があります。 ここで気になるのが、「ガラスの温度がどれぐらいになると、割れリスクが高まってしまうのだろうか」という点です。

ガラスが割れてしまうのは、「高温になったから」というよりもむしろ「温度差が大きくなったため」です。 この「温度差」の目安は、一般的なガラスの場合「60℃」だと言われています。

充分に熱したガラスに100℃のお湯をかけても割れることはありませんが、20℃のガラスに同じお湯をかけると、その温度差は80℃です。 こうした場合に割れリスクは高くなってしまいますから、充分に注意しましょう。

また窓ガラスの場合には、ガラスの一部分のみの温度が高くならないよう注意する必要があります。

  • 窓全体に直射日光が当たるように設計する
  • 大きな家具が窓にかぶらないよう注意する
  • エアコンの吹き出し口を窓ガラスに向けない

これらの点に配慮して生活することで、熱割れリスクは小さくできます。

ガラスにヒビが入ったときの対処法

熱が原因でガラスが割れるときには、ヒビが入るケースがほとんどです。 「まだ完全に割れたわけではないから」と放置するのはおすすめできません。 安全を確保するためにも、対処法を頭に入れておきましょう。

ガムテープでとめる

ガラスに入ったヒビは、ちょっとした衝撃でどんどん広がっていってしまいます。 最初は小さなヒビでも、あっという間にガラス全体に広がっていってしまうでしょう。 とりあえず安全を確保するための対処法として、「ガムテープでとめる」という方法があります。

割れた部分を覆い隠すようにして、ガムテープでそっとガラスを貼り付けましょう。 急激にガラスが割れるトラブルのほか、破片の脱落でケガをするリスクを小さくできます。

ホームセンターに行くと、ガムテープではなくガラス用の応急処置シールが販売されていることも。 もし用意できるなら、こちらを使うのも良いでしょう。

段ボールなどで、窓ガラスを守る

ヒビが入ってしまったガラスは、非常にもろくなっています。 ちょっとした刺激にも弱くなっていますから、できるだけガラスを守ることが大切です。

もし強い風が吹きつける場所なら、段ボールなどで風よけを作り、ガラスを守りましょう。 段ボールで風よけを作れば、万が一ガラスが完全に割れてしまったときでも、周囲への破片の飛散を防げます。

ガラスに日々が入ったときの対処法

熱が原因でガラスが割れるときには、ヒビが入るケースがほとんどです。 「まだ完全に割れたわけではないから」と放置するのはおすすめできません。 安全を確保するためにも、対処法を頭に入れておきましょう。

あくまで一時しのぎの対処法だからこそ

ここで紹介したのは、あくまでも「ヒビ割れを起こしたガラスに対する、一時しのぎの対処法」です。 ガムテープやシール、段ボールで補強をしたところで、根本的な解決には至りません。

見た目の問題だけではなく、防犯上の不安も大きくなってしまいますから、問題を根本から解決するための行動も開始しましょう。

ヒビ割れトラブルが起きたガラスは、専門業者に交換を依頼しましょう。 電話一本ですぐに駆け付けてくれますし、熱割れを起こさないためのアドバイスも聞けます。 また現在使っているガラスが熱割れに弱いタイプなら、より熱に強いガラスへと交換することも可能です。 きちんと作業を行ってもらうことで、家族の安全を確保できます。

まとめ

ヒビ割れたガラス

ガラスが割れてしまう原因はさまざまですが、「熱」による被害は決して少なくありません。 「特に何もしていないのにヒビが入ってしまった!」というときには、熱割れである可能性が高いです。 なぜ温度が上昇してしまったのか、原因を推察してみると良いでしょう。

食器やグラスの場合は、「自分で新しいものに交換する」という作業も比較的容易です。 しかし窓ガラスの場合には、そういうわけにはいきません。 ネット上にはさまざまな対処法も紹介されていますが、リスクが高い状態には変わりがありません。

トラブルを発見したら、できるだけ早くガラス屋さんに連絡をしましょう。 問題を根本から解決して、より快適な生活を実現できます。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください