ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの種類・特徴

窓サッシの交換は、一戸建て住宅なら問題なくできますが、マンションの場合は少し事情が違います。 というのは、マンションでは共用部分を個人が勝手に変更できないからです。 しかし、部屋のサッシはマンションの共用部分なのでしょうか。

ここでは、マンションの部屋のサッシ交換は、個人が勝手にできるのかについて見てみましょう。

マンションの窓サッシを交換する前に

マンションの窓ガラス

マンションの部屋の窓サッシは共用部分とみなされるため、勝手に変更することはできません。

既存の窓を断熱ガラスや防音ガラスへ変更したい場合は、サッシの枠は変えずにガラスだけを取り替える方法があります。 しかし、サッシと一体になっている複層ガラスの場合は、変更した部屋だけサッシの色が変わってしまうので、勝手に変更できない場合があります。

この点については、マンションの管理規約に変更可能なサッシが指定されていることもあるので、事前に確認しておきましょう。 サッシが変更可能でも、既存の窓ガラスが透明であれば、サッシ変更後も透明にしなければなりません。 同様に、既存が曇りガラスであれば、変更後も曇りガラスにする必要があります。

マンションの窓の修理は勝手にできるのか?

窓ガラスイメージ

マンションの部屋の窓サッシは、共用部分にあたるので、勝手に変更や交換ができない場合があります。

交換したい場合は、管理規約を見ればどの程度まで変更可能かわかりますので、必ず確認してから工事に移りましょう。 管理規約に明確な定めがない場合は、管理組合で協議して採決するのが一般的な流れです。

しかし、協議の結果、サッシを交換することになると、通常はマンションの全部屋の窓サッシを交換することになります。 マンションでは、よほどの理由がない限り、1戸だけ特別扱いはできないのが通例です。 ただし、これはあくまでも基本的な話で、マンションの管理組合によっては、もっと柔軟に対応してくれることもあります。

また、国土交通省発行の「マンション標準管理」では、管理組合の了承を得ないでも窓サッシを交換できるケースがまとめてありますので(2004年改正分)、こちらも目を通しておくといいでしょう。 管理組合の了承が不要なケースに該当すれば、管理組合とは関係なく自分の判断で窓サッシを交換できますが、その際の費用は個人負担となります。

マンションの窓サッシ交換の相場

マンション外観

マンションの窓サッシ交換の費用は、交換するサッシによっても変わりますが、おおむね数十万円程度かかる場合が多いようです。

窓サッシは断熱性にすぐれたものへ交換すると、冷暖房費用が大幅に節約できるので、意外と短期間で交換費用を回収できる場合も多いようです。 従って、のちのちの光熱費の節約を考慮するなら、サッシを交換するほうが断然お得ということになります。

中古マンションの窓サッシを交換する際は、「マンション標準管理」が改訂されたことを管理組合が知らない場合がありますので、念のため確認したほうがいいでしょう。 個人で勝手に窓サッシを交換できるケースなのに、管理組合が古いままの「マンション標準管理」に基づいて決議すると、サッシ交換を否決されてしまうことにもなりかねません。

窓サッシの寿命は20~30年程度といわれていますので、古くなったら早めに交換して、快適な暮らしができるようにしたいものです。

窓サッシ交換で良くなること

マンションの窓サッシを交換すると、断熱性が向上し、冷暖房の節電ができる上に、防音や結露防止などの効果も期待できます。 断熱性が向上すると、冬場は結露によって部屋の中にカビが生えるなどの問題が発生しなくなります。

また、古くなった窓サッシを交換することで、窓のガタツキがなくなり、開閉がスムーズにできるようになります。 窓サッシは、古くなるとゴムの劣化で気密性が悪くなりますが、窓サッシを交換することで、必然的に気密性の高い状態に戻すことができます。

気密性が悪いと、断熱や遮音、防塵、換気などにも影響が出てしまいますので、快適な生活のためには、古い窓サッシは早めに交換することをおすすめします。

まとめ

住宅街

マンションの部屋のサッシ交換は、通常勝手に行うことができません。 しかし、マンションの管理規約によっては交換が可能なので、まず規約を確認してみましょう。

また、マンションの管理規約とは別に、国土交通省発行の「マンション標準管理」の中に、管理組合の了承を得ないでも交換できるケースをまとめてありますので、こちらも目を通してください。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください