ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

ガラスは基本的にもろく壊れやすいものです。ちょっとした原因で大きく破損することもあり、ましてやひび割れ程度の軽微な破損はわずかな衝撃でも生じてしまうことがあります。

また、大きな衝撃を加えていなくても、経年劣化によってひびが入ってしまうことも珍しくありません。ガラスにひびが入っているくらいなら、そのまま放置してしまうという人もいるのではないでしょうか。しかし、ひびのあるガラスを放置することはあまりおすすめできません。

それでは、どのくらいのひびならガラスを変えた方が良いのでしょうか。今回は、ひびの入ったガラスの変えどきについてまとめてみました。

自然に割れることもある?ガラスにひびが入る原因

ガラスのひび

ちょっとした衝撃でも割れてしまうガラス。しかし、ガラスにひびが入る原因は衝撃だけではありません。知らない間にガラスにひびが入っていたということがないでしょうか。それはもしかしたら、衝撃によって割れたのではないのかもしれません。

「熱割れ」という現象があります。これは、室内と室外の温度差によって、ガラスが割れてしまう現象のことです。熱割れは特に夏に起きやすい現象です。夏の間、ガラスは激しい直射日光を浴びています。強い日差しが当たると、ガラス中央の温度はどんどん上昇し、膨張していきます。

しかし、サッシの中にあるガラスの枠の部分は、日光が当たらないので温度変化もなく、したがって膨張もしません。すると、ガラスの中央部分と枠部分とで温度差が生じます。中央が膨張しているのに、枠部分は変化しないままなので、ガラスに負荷が生じてひびが入ってしまいます。これが熱割れという現象です。

このように、ガラスは何もしていなくても破損してしまうことがあります。もちろん、子どもの遊んでいたボールが当たってしまったり、鳥などの生き物が落とした飛来物などがぶつかってしまったりなど、衝撃によってガラスにひびが入ってしまうこともあります。

しかし、熱割れや飛来物による破損は気をつけていても防ぐことが難しいです。それだけに、ガラスが割れてしまったとき、どのように対処するのが正しいのか、しっかり考えておくことが大切なのです。

ひびをそのままにしていたらどうなる?

ガラスにも経年劣化というものがあります。屋外に面しているガラスは、細かいちりやゴミなどに常にさらされています。そのため、目に見えない汚れやひびがいつの間にか入ってしまいます。すると、大したことがない衝撃でも、亀裂が入ってしまったり、大きな穴が開いてしまったりするのです。

そのとき、もしひびを放置してしまったらどうなるでしょうか。まず懸念されるのは、小さなひびから大きな破損につながっていくという恐れです。特に風が強い日などは、窓がガタガタと揺れることもあるでしょう。ひびの入ったガラスだと、そのような風による衝撃でも破損が広がってしまうことがあります。

小さなひびでも放っておくと、サッシの中にまでひび割れが侵入し、いずれは窓枠からガラスが外れて落ちてしまうこともないとはいえません。また、細かいひび割れでも、ひびが入っているところには隙間があります。その隙間から風が入ったり、雨が入ったりすることもあります。

ガラスは断熱の役割も担っていますが、ひび割れて隙間が開いたガラスでは断熱性能も落ちてしまうでしょう。雨が入り込んで家の中がぬれれば、カビなどの原因にもなってしまいます。

ですから、たとえ小さなひび割れであったとしても、それを放置して見過ごすべきではありません。少しでもひびが入っているなら、迷わずに業者に依頼して取り換えてもらうようにしましょう。

空き巣に狙われるかもしれない

狙われるかも

ガラスにひびが入ったから、テープなどで補強しておくという人もいるでしょう。しかし、テープで補強してしまうと、ガラスが壊れていることが余計に目立ってしまいます。ガラスというものは防犯の役目も兼ねています。強度の高いガラスを設置していれば、それが空き巣を追い返すきっかけになることもあります。

しかし、テープを貼って補強していると、ガラスの強度がもろいことを宣言してしまっているようなものです。実際、ガラスのひび割れを放置していたり、テープで目立つように補強していたりしていて、空き巣の被害に遭ってしまったという事例もあります。

ですから、防犯上の観点からも、ガラスのひび割れは放置するべきではありません。また、自分で補強することも避けた方が良いでしょう。

むしろ、ガラスはひびが入っていなくても古くなったら交換するべきです。ガラスも一種の消耗品です。時間がたてばいつかは壊れやすくなってしまいます。表面上はひびが入っていないように見えて、古くなったガラスには無数の細かいひびが入っています。

しかし、そうした細かいひび割れでも、放っておけば大事故につながりかねません。飛来物や強風などでガラスが割れたとき、近くに子どもがいたらどうなるでしょうか。ガラスを早めに交換して、強度を上げておけば不慮の事故も未然に防ぐことができるはずです。

まとめ

ガラスの交換

ガラスはいつかは交換しなければなりません。

だとしたら、早めに交換しておいた方が安心です。

ちょっとくらいのひびなら大丈夫だろうと放っておくと、いつか思わぬ不利益を被ることにもなりかねません。

早め早めに行動しておくことが大きな事故を防ぎます。

たとえ小さなひびだったとしても、ガラスに何らかの破損を発見したら、そのまま放置せずにすぐにでも交換するように心がけましょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください