ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

玄関ドアにはガラスが使われていることがよくあります。

しかし、割れてしまうと防犯上よくありません。玄関ドアはすぐに修理したい場所ですが、ガラスだけの交換はできるのでしょうか。

業者がすぐに駆けつけてくれるとは限りません。業者が忙しい場合は、翌日以降になるケースもあるでしょう。

その場合にかかる費用や時間の目安、そしてどこに相談したらいいかなどをまとめてみました。

部分的なガラス交換は可能!例外や注意点は?

玄関ドアイメージ

玄関ドアのガラスが割れた時は、ガラスだけの交換ができるものがほとんどです。ドアの上下2カ所にガラスがはまっている場合、どちらか片方だけが破損してもそこだけ交換することができます。

ただし、中にはドアごとの交換が必要な製品もあるので、特注品など特殊なドアを使っている場合は修理業者に相談してみましょう。

玄関ドアに使用されるガラスは、できるだけ割れにくいタイプのものを使うのが一般的です。

しかし、まれに玄関に適さないガラスも見られます。そもそも使っているガラスの強度に疑問があったり、何度か割れてしまったりしているような場合には、交換をきっかけにガラスのタイプを見直してみるのもいいでしょう。

また、玄関ドア自体が古く、同じガラスが生産されていないこともあります。

新しいガラスをはめれば問題ないものの、枠のデザインなど見た目のバランスが気になる時はドアごと替えてみるのもいいかもしれません。

交換にかかる費用や時間の目安はどれくらい?

玄関ドアのガラスの交換にかかる作業時間は、およそ30~60分といったところです。玄関ドアごと交換する場合にかかる時間はまた変わってくるので、修理に入る前に確認しておくといいでしょう。

ガラス交換にかかる費用は、くもりガラスや型板ガラスのような一般的なものなら8000円前後から、網入りガラスなど特殊なものになると2万円前後からが相場です。費用の内訳はガラス本体に作業費、そして割れたガラスの廃棄代なども含んでいる修理業者が多いです。

ただし、特殊なものやサイズの大きなものは別途かかることもあります。

費用については業者や玄関ドアのタイプなどでも変わります。また、遠方から修理に来てもらう場合は出張費が加算されることも考えておいてください。

実際にかかる費用については、現地に来てもらって見積もりを取ることをおすすめします。見積もりは無料で応じてくれる業者が多いので、急がない時には何社か比較するのもいいでしょう。

即日も交換可能なガラスの種類とは

玄関ドアの場合は、割れたまま放置するというわけにはいきません。風雨の侵入も心配ですし、なにより防犯上から考えても非常に危険です。できるだけ早めの対応をしましょう。

即日でも交換可能なガラスの種類には、型板ガラスにくもりガラスやフロートガラス、そして網入りガラスなどがあります。

一般的に、玄関ドアや窓などに使用されているガラスであれば即日でも在庫を持っている業者が多いと考えていいでしょう。

費用については業者や玄関ドアのタイプなどでも変わります。また、遠方から修理に来てもらう場合は出張費が加算されることも考えておいてください。

実際にかかる費用については、現地に来てもらって見積もりを取ることをおすすめします。見積もりは無料で応じてくれる業者が多いので、急がない時には何社か比較するのもいいでしょう。

取り寄せが必要なガラスの種類は?

玄関用のガラスには取り寄せが必要なものもあります。

主なものでいうと、ペアガラスや防犯ガラス、フロストガラスにぼかし加工ガラスなどがそうです。この他、ドア枠の形状に合わせてカットされたものや、ステンドガラスのようなデザインが施されたものなどもメーカーから取り寄せが必要になります。

凝ったデザインの玄関ドアだと海外製品のガラスを使用していることもあり、その場合も入手可能かどうか業者に相談してみましょう。

また、取り寄せに日数を要することもあるので、その間の対処をどうするかも合わせて相談してみましょう。

取り寄せにかかる日数は修理業者によっても異なります。あまりにかかるような場合は何社か聞いてみるのもいいでしょう。たまたま在庫を抱えているところもあるかもしれませんし、早めに入る修理業者が見つかればそこにお願いした方が安心できます。

ガラスが割れたらどこに相談すればいい?

割れた窓イメージ

ひび程度ではなく、大きな穴があくほど割れてしまった場合は別の応急処置が必要になります。割れた面積が広いと、落ちている破片もそれだけ多いはずです。

それらを片付けないと他の処置を行えません。まず、大きな破片から集めていきましょう。拾ったガラスを入れておくためのダンボールを用意してください。ゴミ袋は何重にしても破れてしまう恐れがあるので適していません。

また、ダンボールに入れたときに破片同士が接触すると、砕けて飛び散る可能性があります。危険なので、新聞紙に包んでから入れたほうが安全です。大きな破片を集め終わったら、次は小さな破片を回収していきます。

掃除機で吸い取る方法もありますが、機種によっては故障してしまう可能性もあるでしょう。そのため、つまめるサイズの破片を取り除いたら、残りの破片の除去には粘着ローラーを使用するのがおすすめです。

ダンボールで補強して業者の助けを待つ!

玄関ガラスが割れた時には、リフォーム会社やガラス専門業者に相談しましょう。修理や交換を専門に行っている業者は多く、ネットで検索すると簡単に探すことができます。

一般的な形状のドアや標準的なガラスなら、どこの修理業者でも交換は可能です。

しかし、特殊なデザインの玄関ドアや特注品のガラスなどを使っている場合は、家を施工してもらった建築会社または工務店に相談する方が適切な修理が見込めます。玄関ドアのガラスが割れることは頻繁に起こることではありませんが、万が一を考えて普段から対応してくれそうな業者を探しておけば慌てずに済みます。

まとめ

業者イメージ

ガラスを使用している玄関ドアでガラスが割れた場合、ドアごと交換しないといけないかと心配になるかと思います。

しかし他の部分のガラスが割れたときと同じように、ガラスの交換をするという考え方で問題ないことが多いです。

どのくらいで交換ができるかどうか、については、ガラスの種類によってくるので、業者に相談してみるのが良いでしょう。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください