ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

ガラスは、さまざまな場面で私たちの日常生活を支えてくれています。 非常に身近な素材だからこそ、ときには修理や交換が必要になることも…。 ガラスの交換は、ガラス屋さんに依頼するのが一般的ですが、ここで気になるのが費用についてです。

ガラスの交換や修理を専門業者に依頼した場合、「高いのでは?」と不安になる方も多いはず。 実際のところ、ガラスの修理交換にはいったいいくらぐらいかかるのでしょうか。 依頼する前に知っておきたいポイントを紹介します。

ガラスの交換修理

見積もりイメージ

ガラスの交換修理は、ガラスのひび割れや破損トラブルが起きたときに必要となります。 ガラスのトラブルをそのままにしておくと、さらに重大なトラブルにつながる可能性も。 割れたガラスの破片が原因で、家族がケガをしてしまうこともあるでしょう。

できるだけ早く専門業者に依頼をして、交換修理をしてもらう必要があります。 さまざまなパターンで、ガラスの交換修理にかかる費用の例を紹介していきます。

厚さ2ミリの透明ガラスへの交換を依頼する場合

ガラスの交換修理にまつわる料金は、「使うガラスの料金」と「施工料金」で決定されます。 使用するガラスの代金が安ければ安いほど、作業全体にかかる料金も少なく済みます。 ※幅90センチ以下、高さ90センチ以下で厚さ2ミリのガラスの場合、材料となるガラス代は3,500円前後が目安となります。 ここに施工料金がプラスされ、15,000円から20,000円で作業を完了できるでしょう。

厚さ3ミリのガラスの場合は?

ガラスの耐久性や強さは、厚みによっても左右されます。 「より丈夫なガラスを採用したい!」という場合には、厚みのあるガラスに交換してもらうのがおすすめです。

ガラスが厚くなればなるほど、費用はアップする傾向があります。 厚さ3ミリのガラスを採用する場合の目安は、材料費と施工料金を合わせて20,000円から23,000円程度となります。

より大きなガラスの場合の料金は?

窓の大きさはさまざまで、状況によっては、より大きなガラスを用意する必要があることもあるでしょう。 幅90センチ以下、高さ180センチ以下の3ミリの透明ガラスへと交換する場合、1枚当たりの作業代金は22,000円から25,000円程度です。

ガラスのサイズが大きくなればなるほど金額もアップするということを、頭に入れておいてください。

ガラス製の家具にも対応!

家の中にあるガラス製品は、「窓ガラス」のみとは限りません。 ガラスを使ったテーブルや棚は、モダンなテイストで人気が高いもの。 しかし素材にガラスを使っている以上、想定外の破損トラブルも付き物です。

街のガラス屋さんでは、こうした家具に使われているガラスの交換にも対応してくれます。 気になる費用についてですが、

  • どのようなガラス製品なのか
  • 必要なサイズはどのぐらいなのか
  • どのようなガラスに交換するのか

といったポイントで、細かく変わってきます。 事前に見積もりを作成してもらい、どこにいくらぐらいかかるのか、しっかり確認しておきましょう。

費用はあくまでも目安。場合によってはプラスも

作業イメージ

小さなガラスであっても、修理交換には10,000円以上が必要なことを考えると、「やっぱり高いな」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、ガラスの修理交換には、以下のような作業も含まれます。

  • 破損したガラスを取り外す作業
  • 周辺に飛び散ったガラスの清掃作業
  • 新しいガラスの提案
  • 作業員に自宅まで来てもらう出張費

ガラスに万が一のことがあったとき、面倒なことを全てお任せできるという点では、やはり業者が有利です。

むしろコストパフォーマンスに優れていると考えることもできるでしょう。

ただし上で紹介した費用は、あくまでも目安となります。 もちろん提示される金額には、業者ごとの差がありますから、納得できる金額を提示してくれる会社を選ぶことが大切です。

また以下のような状況では、費用がプラスされる可能性もあるので注意してください。

  • より高性能なガラスへの交換
  • 夜間の作業

特に夜間の作業については、企業によっても時間・価格の差が生まれやすいポイントです。 事前に確認することで、その後のトラブルを防げるでしょう。

防犯ガラスへの交換

せっかくガラスを修理交換するなら、より性能の高いガラスにしたい!という方もいるでしょう。 このような場合に人気が高いのが、防犯ガラスです。 防犯ガラスの特徴は、以下のとおりです。

  • ガラスの間に特殊なシートを挟み込むことで、耐貫通力に優れている
  • 破られにくいため、空き巣避けになる
  • 衝突時にも割れにくく、安全性が高い

これらのメリットから、ガラスが破損していなくても、防犯ガラスへと交換する方も増えてきています。 空き巣被害は、窓を割られて侵入されるケースが非常に多く、防犯ガラスに交換することで、犯罪被害を防げると考えられます。

さて、防犯ガラスへの交換で気になるのが、やはり費用についてです。 防犯ガラスへの交換には、15,000円程度からの作業料金に加え、防犯ガラス本体の価格が必要となります。 防犯ガラスの種類もさまざまで、また当然窓の大きさによっても価格は異なります。

たとえば「リビングの窓を全て防犯ガラスにしたい」と思うと、確かに費用はかさみがちです。 しかしこのような場合は、「まずは見積もりを依頼し、予算に合わせてリスクが高い窓から交換を依頼する」ということも可能です。 狙われやすいポイントを補強するためにも、検討してみると良いでしょう。

ガラス関連のリフォーム

防犯ガラス以外にも、近年、さまざまな高機能ガラスが登場してきています。 破損以外にも、より快適な住環境を目指し、積極的にガラスリフォームを行う方も増えてきています。

特に人気が高いのは、エコガラスや防音ガラスへの交換です。 こちらのリフォーム時にも作業料金とガラスの本体価格が必要となりますが、その後の生活の中でリフォーム効果を実感できるはず。 費用対効果を実感できる点が、人気を集めています。

断熱ペアガラスやエコガラスは、室内の熱を外部へと逃がしにくく、結露の軽減にも役立ってくれます。 一度交換作業を行えば、その後長く使い続けることができますから、非常におすすめのリフォーム工事です。

エコガラスや防音ガラスへの交換は、一部屋丸ごと交換工事を行うことで、より効果が高くなります。 予算内で工事を完了したいときには、ガラスの本体価格で調整すると良いでしょう。 こちらの場合でも、事前に見積もりを依頼することで、希望通りの工事になります。

まとめ

相談イメージ

窓ガラスが破損したとき、「いったいいくらかかってしまうのだろう」と不安になる方も多いはずです。 しかし快適な生活を守るために、各種ガラスは欠かせないもの。 業者に修理依頼をしないわけにもいきません。 できれが事前に価格をリサーチした上で、納得して修理交換をお願いしたいところです。

業者の中には、修理依頼の電話から、「工事費用がいくらになるのか」を調べ、見積もりを作成するまでのステップを無料で行ってくれるところもあります。 こうした業者を利用すれば、「料金がわからないまま、どんどん作業が進んでしまう!」なんてこともありませんから、安心して修理をお願いできるでしょう。

また見積もりを提示してもらったときには、どこまでの費用が含まれているのか、しっかりと確認しておくと安心です。 わからないことはしっかりと説明してくれる業者なら、その後の手続きも安心して進めていけます。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください