ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください

カテゴリー:ガラスの交換・修理

玄関や窓の防犯には多くの人が注目しますが、案外忘れがちなのが、勝手口のガラスの防犯対策です。 気がついたら、いつの間にか勝手口のガラスが割れていたなどということも少なくありません。 家人が気づきにくい場所は、泥棒が狙う場所でもあります。

ここでは、勝手口の防犯について見ていきましょう。

防犯効果の高い勝手口のガラスとは

勝手口イメージ

一般的に、勝手口は薄いドアと簡易な鍵でできている場合が多いので、泥棒に狙われやすい場所です。

勝手口は日常の生活でゴミ出しなどに使うため、常に開け放してあったほうが便利です。 そのため、玄関や窓に比べると、勝手口はどうしても防犯対策が後手に回りがちです。

勝手口には採光のために大きな窓がついているタイプのドアや、ドア全体にガラスが使われているタイプが多く使われています。 この窓を防犯効果の高いガラスに替えるなら、強化ガラスにするのがおすすめです。 強化ガラスは衝撃に強く、簡単に割れないので防犯に役立ちます。 ただし、いくら勝手口の窓ガラスを割れにくいものに交換しても、勝手口のドア自体が弱かったり、鍵が脆弱であれば意味がありません。

そこで、次に勝手口の防犯のためにはどうすればいいのかを、見ることにしましょう。

勝手口から侵入されないために

砂利

勝手口の防犯対策には、いくつか検討すべきことがあります。 ここでは、まずそれをひとつずつ説明していきましょう。

1.勝手口にも補助錠をつける

とかく、勝手口は開け放しにしがちなものです。 勝手口はゴミ出しなど、ちょっとした用事で出入りに使うことが多いので、そのたびにいちいち鍵をかけたり外していたのでは、面倒でしかたがありません。 しかし、そんな住人の心理を泥棒もよく心得ています。 ですから、勝手口からの侵入を防ぐには、玄関のドアと同様に防犯対策を施す必要があるのです。 そのためには、防犯の基礎中の基礎といえる「二重鍵」の対策が必須となります。 玄関と違って勝手口は目立たない場所のため、鍵を二重にする対策が重要です。 勝手口の鍵は簡易なものが多いので、これを補強するために、ドアの上下に補助錠を取り付けることをおすすめします。

補助錠をつけることによって勝手口が破られにくくなり、泥棒の侵入を遅らせることができます。 泥棒は侵入に手間取る家を嫌いますので、これだけでも十分に防犯効果があります。

2.防犯フィルムを貼る

勝手口のドアによっては、鍵のすぐ上に大きな窓があるタイプのものがあります。 このタイプだと、窓ガラスを少し割るだけで、中に手を入れて鍵を開けられてしまいます。 これを防ぐには、窓ガラスに防犯フィルムを貼るのが手っ取り早く、かつ有効です。 防犯フィルムを貼ったガラスはなかなか割れません。 泥棒を手間取らせることが、防犯対策の決め手です。

3.警報装置をつける

玄関よりも、人目につきにくい勝手口にこそ、警報装置をつけるべきでしょう。 人が近づいたら警報が鳴ったり、センサーライトが点灯するような装置を取り付けておくと、それだけで立派な防犯対策となります。 特に夜中に近づいてくる泥棒には、侵入者を照らすセンサーライトが効果的です。 侵入者は顔を見られることを嫌いますので、ライトが当たればすぐに退散します。

4.砂利を敷く

泥棒は音がするのを嫌います。 音がすれば、そこに自分がいることがわかってしまうからです。 そこで、勝手口の周辺に砂利を敷くと泥棒が近づかなくなります。 最近ではネットで防犯用砂利が購入できるようになりましたので、ぜひ利用するといいでしょう。

5.番犬を置く

番犬を置くのは昔からある方法ですが、最高の防犯対策は、よく吠える犬かもしれません。 番犬を勝手口近くで飼うと、それだけで防犯になります。

勝手口の防犯に役立つ方法をいくつか挙げましたが、この中からどれかひとつでもいいので試してみてください。 また、これらの方法を複数行うことで、さらに効果がある防犯対策になります。

何度も泥棒に入られる家に共通すること

何度も泥棒に入られてしまう家がありますが、そういう家には共通点があるといいます。 それは、ほとんど家の裏手から侵入されているということです。 つまり、玄関や窓の防犯対策は万全でも、勝手口など家の裏手の防犯が手薄な家が、何度も狙われるということになります。 こういう場合は、裏手(勝手口など)のドアに補助錠を追加するだけでも、泥棒被害は格段に減少します。

その家に住む人の防犯意識がどこに向いているかは、ベテランの泥棒が見ればひと目でわかるそうです。 そして、泥棒は住む人の盲点をついて侵入してきます。 何度も泥棒被害に遭わないためには、勝手口には玄関と同様か、それ以上の防犯対策が必要です。

まとめ

勝手口イメージ

勝手口の窓ガラスを防犯に強いものに取り換えるなら、強化ガラスに替えるのが最適です。 しかし、勝手口の防犯は窓にはめ込むガラスを替えるだけでは不十分です。 なぜなら、勝手口そのものが、泥棒の侵入に対して弱い作りになっているからです。

勝手口のドアにも、補助錠をつけるなどの基本的な防犯対策が必要です。

ガラスのトラブルならガラスの生活救急車にお任せください